SNSでは5歳と7歳の尾脇兄弟が大人気だ。父親である尾脇康介さんが、日々Instagramのアカウントでテニスを楽しむ二人の様子をアップデートしている。最近そこに、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)からのメッセージが掲載された。弟の康次郎くんに、ジョコビッチが得意とするバックハンドの打ち方のアドバイスを送ってくれたのだ。

子供たちにアドバイスするのが大好きなジョコビッチは、5歳の康次郎くんがバックハンドを打っている動画を見て、メッセージを送った。お父さんは大感激でそのメッセージをスクリーンショットに撮り、「康次郎にバックハンドのアドバイスを送ってくれてありがとうございます(合掌の絵文字)」と、感謝の言葉を添えてSNS上でシェアした。

尾脇兄弟はまだ幼いのに素晴らしいテニスの腕前だ。兄の勇之介くんはロジャー・フェデラー(スイス)とステファノス・チチパス(ギリシャ)のファンで、SNS上でチチパスと交流がある。ちなみに勇之介くんはフェデラーやチチパスと同じくバックハンドは片手打ち、康次郎くんは大好きなジョコビッチと同じくバックハンドは両手打ちだ。

ジョコビッチは、他の子供たちにも役に立つ重要なアドバイスを送ってくれた。彼は多くのファンや専門家たちも認める、最も効率的で、卓越したバックハンドの技術を持っている。

「こうじろう、ラケットヘッドを上げてショットの準備をしてみてね。体が開くのが早いから顎を右肩にのせて、体重を左足(後ろ足)から右足に移動させるけど、腰を早く開きすぎないように…手に力を入れてから腰でフォローするようにしてね」とジョコビッチは書いた。世界的な名選手のアドバイスを得て、兄弟のテニスはますます上達していくことだろう。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「アドリア・ツアー」でのジョコビッチと妻のエレナさん
(Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)