日本の伝統料理やトレンドフードなどを、様々な国の人に試してもらう「勝手にテスマケ(テストマーケティング)!」。今回は甘酒。常温保存できる商品を飲み比べてもらった。

※こちらは「GetNavi」 2021年4月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

【私たちが試しました!】

バングラデシュ:メスナス・メハナさん

新潟県に住んだことがあり、「八海山」の甘酒が好き。

 

スペイン:デイビット・ガレロさん

ワイン派だが日本酒も月に1回は飲む。「久保田」が好き。

 

ロシア:マリア・コバルチュクさん

居酒屋で飲む日本酒が好き。コロナ前は週1で行っていた。

 

【エントリーNo.1】

森永製菓

甘酒 190g

実勢価格102円

国産の酒粕と米こうじをブレンドした、ダブル発酵タイプ。日本で一番売れている甘酒だ。

 

【5点満点で評価】

メスナスさん:3.5

デイビットさん:2.5

マリアさん:2.0

total:8.0/15.0

「酸味はないけれど、ヨーグルトやカルピスのようなニュアンスも。かわいいデザインも印象的ね」(メスナスさん)

「身体に良さそうな味だけど、甘酒というだけあってスイート。飲み干すには時間がかかりそう」(マリアさん)

 

【エントリーNo.2】

月桂冠

甘酒 190g缶

実勢価格91円

酒粕の風味を効かせつつ、米こうじもプラス。1缶あたり2.8gの食物繊維を含んでいる。

 

【5点満点で評価】

メスナスさん:3.0

デイビットさん:4.0

マリアさん:3.0

total:10.0/15.0

「私は、ちょっとアーティフィシャル(人工的)なテイストに感じる。でも嫌な味じゃないわね」(メスナスさん)

「とろみのついたテクスチャーで本格的な感じがする。甘めだけどまろやかな味でけっこう好きだな」(デイビットさん)

 

【エントリーNo.3】

大関

大関甘酒

124円

搾りたての酒粕がベース。しょうがの風味とはちみつのすっきりとした甘味が特徴だ。

 

【5点満点で評価】

メスナスさん:3.0

デイビットさん:2.0

マリアさん:2.0

total:7.0/15.0

「しょうがとはちみつは、言われないと気がつかないかも。このすっきりした味がそうなのかしら?」(メスナスさん)

「ワンカップで有名な大関ですね。お酒の香りがやや強めかな。好みが分かれる味な気がするわ」(マリアさん)

 

【エントリーNo.4】

マルコメ

プラス糀 糀甘酒LL

実勢価格124円

米と米こうじのでんぷんを分解。砂糖は使わず、食塩で自然な甘みを引き出している。

 

【5点満点で評価】

メスナスさん:4.5

デイビットさん:3.0

マリアさん:4.0

total:11.5/15.0

「砂糖を使っていないみたいだけど、けっこう甘め。でもシンプルな味わいで、悪くないね!」(デイビットさん)

「お酒の香りはせず、滑らかな味わい。子どもでも飲みやすいピュアな味で、私も好きなタイプ」(マリアさん)

 

【今回の一番人気!】酒粕や砂糖不使用の味が飲みやすいと高評価に

酒粕や砂糖を使っていないため、米と米こうじのおいしさを楽しめる甘酒。酒の独特な風味がなく飲みやすいと、好評だった。