"保育園児ホスト"としてSNSなどで注目を集めた琉ちゃろくん(12)が2021年4月10日、母親のちいめろさんのYouTubeチャンネルに公開された動画に出演し、中学校進学を機に10年ぶりに黒髪にする模様を公開した。

中学の校則に従い、黒髪にすることを決意

3月21日に公開された動画で琉ちゃろくんは、小学校卒業を報告した。かつてはド派手な金色の盛り髪をトレードマークとしていた琉ちゃろくんだが、12歳になった今は、すっきりとした落ち着いたトーンの茶髪に変貌。また、ちいめろさんによると、昔は「大きくなったらジャニーズになりたい」といっていたものの、最近では「普通に良い大学入りたい」と堅実な将来設計を描くようになったという。

今回の動画で琉ちゃろくんは、本人としては3歳の頃から続けてきた茶髪に愛着があるものの、「中学校、黒以外禁止だからさ」と校則に従うことを決め、ちいめろさんとともに美容院へ向かった。

美容院に琉ちゃろくんを預けたちいめろさんは、一人車で待機している間、自らの教育論について語り始めた。ちいめろさん自身は中学時代、「眉毛をいじってはダメ」「スカートはひざ下ではないとダメ」など、外見に対する理不尽な校則に疑問を感じていたといい、「学生の本業って勉強じゃん?だから、勉強の妨げにならなければ、別に校則は守らなくていいと思う」と持論を展開した。

しかし、「それはあくまでもめろちの考え」としたうえで、

「琉ちゃんはその校則に対して『これは学校での決まりだから守らなきゃいけない』と思ったら守ったらいいし、『これは納得できない』っていうんだったら守らなくても良いと思う」

と、息子の考えを尊重する姿勢を示した。

そして、「こんなことを言うと『校則を守るのが当たり前だろ』と思う人がいるかもしれない」とした上で、「良い親っていうのは結局、世間が決めるんじゃなくて子供が決めることだからね」と結論付けた。

自分の黒髪姿に「これはこれであり」

さて肝心の琉ちゃろくんだが、カラーリングが終わると、清潔感のある今風の黒髪男子に生まれ変わった。

物心ついてから初めて見るであろう自分の黒髪姿に、本人も「そこまで違和感がなくてびっくりした。これはこれであり」とご満悦。コメント欄には、

「正直めっちゃかっこいいです」
「待ってくそイケメンすぎる、、絶対モテモテだわこれは」
「めちゃくちゃ爽やかイケメン君になったね」
「高感度爆上がり」

など称賛の声が相次いでいる。