マスターズで珍事、韓国選手がパター破壊後に3ウッドでプレー

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ第2日は9日(日本時間10日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。米ツアー通算3勝のキム・シウ(韓国)がラウンド中に腹を立ててパターを破壊。米メディアが決定的瞬間の動画付きで報じると、米ファンから「子供たちに悪い例」「パターのせいじゃないだろ」と声が上がっている。

 怒りに任せてしまった。15番パー5。キムはグリーン横で他の選手のプレーを待っているのか、下を向いている。すると、パターのグリップを杖のように握り、上から地面にズドンと突き刺すように叩きつけた。3打目のアプローチが逆サイドのエッジに転がった直後だった。以降のグリーン上は3ウッドでプレーすることになったが、このホールはパーで凌いだ。

 動画を公開した米スポーツ専門局「CBSスポーツ」公式ツイッターは「キム・シウーは14番で3パットし、パターを破壊した」と投稿。米ファンからは「やっちまったな」「俺もイライラすることはあるが、壊しはしない」「子供たちに悪い例として見せよう」「俺たちアマチュアと一緒だ」「馬鹿馬鹿しい」「恥ずかしい」「パターのせいじゃないだろ」と指摘を受けている。

 しかし、6打差8位で出たキムは3打差6位に浮上。優勝争いに加わる位置につけている。(THE ANSWER編集部)