大谷翔平が3号ソロ&3点二塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地のブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、第3打席に4試合ぶりの3号ソロを放った。第2打席では走者一掃の3点適時二塁打。米記者たちは本塁打を動画付きで速報し、ツイッターに「逆方向へ冗談じゃないパワー」とつづっている。

 大谷が暴れまわっている。4-0の5回無死走者なし。真ん中付近に来た92マイル(約148キロ)を弾き返した。高々と上がった滞空時間の長い大飛球はバックスクリーン左へ。422フィート(約129メートル)の3号ソロだ。1-0の2回2死満塁では、右翼フェンス直撃の3点適時二塁打。3打席で4打点の活躍を見せている。

 メジャー通算50号の動画をMLB公式や米記者がツイッターに続々と公開。MLB公式、米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は「ショウヘイ・オオタニの本塁打は続く 飛距離422フィート 打球速度108.2マイル(約174キロ)」と紹介。「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニが第3号本塁打で冗談じゃないほどの逆方向へのパワーを見せつけた」と速報した。

 留まるところを知らない大谷の勢い。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニの105マイル(約169キロ)以上の打球の本数」と打球速度に注目。2020年は15本(175打席)だったのが、2021年は7本(30打席)に急増しているという。(THE ANSWER編集部)