シミュレーションゲームに“出場”、結果は左翼への犠飛

 マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏は7日(日本時間8日)、アリゾナ州ピオリアで行われたスプリングトレーニングで“現役復帰”した。背番号「51」のユニホーム姿でシミュレーションゲーム(紅白戦)に“出場”。大リーグ公式サイトのマリナーズ番ダニエル・クラマー記者は自身のツイッターでイチロー氏の打席を動画で紹介した。

 イチロー氏はエース左腕マルコ・ゴンザレスと対戦。クラマー記者が投稿した動画で、イチロー氏はボール球を見送って「グッド・アイ(いい選球眼だ)」。周囲の笑いを誘っている。打席では空へ高々と打ち上がる左飛。「サックフライ、メイビー(たぶん犠牲フライ)」と英語で話して一塁ベースへ駆け出している。

 打席に入る前にはバットを投手方向に立てるなどルーティンを披露するなど現役時代そのもの。このキャンプは裏方として現役選手たちをサポートしているが、まだまだ現役でプレーできそうな動きを見せている。(Full-Count編集部)