低価格で気軽にイタリア料理が食べられるファミリーレストラン「サイゼリヤ」。メニューの掛け合わせで、豊富なアレンジができるのをご存じだろうか。巷でバズった味変で、サイゼリヤを楽しみつくす術を紹介する!

◆SNS上で愛され、バズりまくる

 サイゼリヤがほかのレストランチェーンと一線を画している点として、“マニア”とも呼ぶべき熱狂的なファンの存在も無視できない。

 そもそも「メニューを掛け合わせてアレンジする」という楽しみ方は、彼らサイゼリヤファンが中心となって醸成してきた面もある。近年のSNSの普及で、それが「面白い」と一気にシェアされるようになったのだ。

 特にアレンジ術を爆発的に世に広めたのが「サイゼリヤ非公式」氏。学校の課題で「サイゼリヤ布教本」を制作してtwitterに上げたところ、5万いいねを獲得して一躍ネット上で有名に。

◆「油そば」アレンジで1万いいね

 また、同じくtwitterで「ヒドロ」氏が紹介した、「アーリオ・オーリオ」に半熟卵としょうゆベースのガルムソースをトッピングして「油そば」にするアレンジも1万いいねを超えた。

 こうした「バズるコンテンツ」としての側面も、サイゼリヤの人気を支える一つの要因なのである。

◆イカ墨をさっぱりと食べやすく

 いろいろな料理を楽しめるよう、一皿の価格を抑えているサイゼリヤだからこそ叶う、贅沢な満腹味変はこれだ!

▼イカ墨とトマトのさっぱりパスタ 合計850円

普段はイカ墨が苦手……という人にもオススメのアレンジ。イカ墨のコクはしっかり感じつつ、さっぱりと食べやすくなる。イカ墨のパスタはイタリア海岸地域で伝統的に食べられており、塩辛を食べる日本人も親しみやすい。サイゼリヤでは’80年代から販売され、根強い人気だ

作り方
 崗エビのサラダ」からカットトマト適量を取り分ける
◆屮ぅの墨入りスパゲッティ」にトッピングして食べる

◆ボリュームUPのガッツリ飯に味変!

▼ホットチキンマルゲリータ 合計700円

トマトソースのコクにチキンの旨味がマッチして、ボリュームアップもさることながらビールの止まらない味に。別売りの「やみつきスパイス」(50円)をかけると、さらにパンチが加わる。ちなみにイタリア人にとってのマルゲリータは、日本でいう「ラーメン」のような国民食だとか

作り方
 嵜斌チキン」の身をフォークとナイフでほぐす
◆屮泪襯殴蝓璽織團供廚砲里察▲團競ッターでカットする

◆まだまだある!アレンジレシピ

▼イタリア風つけ麺 合計450円

「アーリオ・オーリオ」とは、ニンニクとオリーブオイルで調味されたシンプルなパスタ。サイゼリヤでは、独自の製法でニンニクの旨味と甘味を引き出している。クリーミーなマッシュルームスープにつけると、スープの温かさでニンニクの香りがふわっと立ち、濃厚な味わいが楽しめる

作り方
 屮◆璽螢・オーリオ」を「マッシュルームスープ」につけながら食べる

◆旨味がたっぷりでシャキシャキ食感

▼ガーリックライス 合計1150円

鉄板焼き店で食べるガーリックライスのように、旨味がたっぷり。ステーキにトッピングされている野菜ペーストも混ぜると、シャキシャキした食感が楽しめる。フィレンツェの名物料理「ビステッカ」にならい、サイゼリヤでも一枚肉のステーキの提供にこだわり続けている

作り方
 屮螢屮好董璽」を食べ終えた後の鉄板に「ライス」をのせる
∋弔辰織宗璽垢汎汁をライスに絡めながら食べる

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※ムック『サイゼリヤで神アレンジ! 激ウマかけ算ごはん』より ―[サイゼリヤで[味変]メニュー12選]―