日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は総務省の調査から「キャッシュレス」の実情を見ていきます。

キャッシュレス化進むが、世界では出遅れ感も

先日、スマートフォン決済「LINE Pay(ラインペイ)」の国内決済サービスを「PayPay(ペイペイ)」に2022年4月に統合する協議を始めたと発表されました。

登録者数は、ペイペイが約3600万人、ラインペイが約3900万人(2020年2月末時点)。調査会社、MMD研究所の調査によると、最も利用しているスマホ決済はペイペイが首位43.1%でトップ、ラインペイは5位で4.6%。両サービスが統合が実現すれば、そのインパクトは相当なものになりそうです。

経済産業省の『キャッシュレスの現状及び意義』によると、キャッシュレス決済は、「クレジットカード」「デビットカード」「電子マネー」「(QRコードなど)モバイルウォレット」の4種類。日本のキャッシュレス決済比率は約20%と言われています。

しかし日本におけるキャッシュレス決済は、世界的に見ても遅れている散々言われてきたのは、多くの人が知るところ。前出資料で世界各国のキャッシュレス比率を見ていくと、下記のとおり。

韓国  96.4%
イギリス  68.6%
中国  65.8%
オーストラリア  58.2%
カナダ  56.3%
スウェーデン  51.5%
アメリカ  46.0%
フランス  40.7%
インド  34.8%
日本  19.9%
ドイツ  15.6%出所:経済産業省『キャッシュレスの現状及び意義』より

ひと口にキャッシュレスといっても、中国ではQRコード、スウェーデンではデビットカードが普及するなど、国によって事情は異なりますが、主要国が40〜60%程度という事情を見ると、確かに日本の出遅れ感が目立ちます。

ちなみに経済産業省による『キャッシュレス・ビジョン』によると、日本では総人口1人あたり 7.7 枚のカード(クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード)を保有。シンガポールに次いで多いのだとか。世界的に見ても、日本は現金以外の支払手段が根付いていると見ることもできます。

それでもキャッシュレスが普及しない社会情勢的理由として、同資料では以下4つを挙げています。

1)盗難の少なさや、現金を落としても返ってくると言われる「治安の良さ」
2) きれいな紙幣と偽札の流通が少なく、「現金に対する高い信頼」
3)店舗等の「POS(レジ)の処理が高速かつ正確」であり、店頭での現金取 扱いの煩雑さが少ない
4)ATM の利便性が高く「現金の入手が容易」

また実店舗側からの理由として、「端末の導入コスト」、「現金と比較した場合の運用・維持コストの高さ」、「支払い後の資金化までのタイムラグ」の3つを、消費者側からの理由として、「キャッシュレス支払いに対応していない実店舗等の存在が、キャッシュレス支払いへの移行を躊躇させている」、「キャッシュレス支払いにまつわる各種不安(使いすぎ等)」の2つを挙げています。

2019年6月に閣議決定された『成長戦略フォローアップ』において、2025年6月末までにキャッシュレス決済比率を4割程度とすることを目指すとされています。

都道府県別「キャッシュレス率」…1位は?

「色々サービスがあって、面倒くさそう」と、キャッシュレスを毛嫌いする人たちは多いでしょう。特にQRコード決済はサービスが乱立し、店のレジ前には様々なQRコードが並びカオスな状況に……。

そんな状況を打破しようと、QRコード決済において、普及活動が展開されているのが、統一コードの「JPQR」。決済事業者ごとにフォーマットなどが異なっていたQRコードを統一仕様にすることで、十店舗とユーザーの利便性を向上させようというもの。マイナンバーカードと連携したポイント還元制度「マイナポイント」にも対応するなど、消費者にとって嬉しいプラスαも。

このように国を挙げて普及に力を注いでいるキャッシュレス決算ですが、地域によって普及具合にばらつきがあります。都道府県別に消費支出のうち現金を除く購入形態(クレジットカード、掛買い、月賦、電子マネー)の割合を算出している、総務省『2019年全国家計構造調査』を見ていきましょう。

それによると、最もキャッシュレスが進んでいるのは「千葉県」で消費支出全体に対して31.2%。続いて僅差で「神奈川県」。「東京都」「愛知県」「京都府」と続きます。一方で最もキャッシュレスが進んでいないのが「鹿児島県」14.9%。「長崎県」「佐賀県」「宮崎県」「大分県」と続きます(図表1)

[図表1]都道府県「キャッシュレス率」上位10 出所:総務省『2019年全国家計構造調査』より作成

地域別に見ていくと、1位と47位で倍以上の差が生じているキャッシュレス払いですが、ワースト5はすべて九州地方。ほか「熊本県」が41位、「福岡県」が29位と、全国的に見ても現金至上主義的な傾向の強い地域だといえるでしょう。

さらに年齢階級別(30歳未満、30歳代、40歳代……80歳以上)に見ていくと、30歳代のキャッシュレス率が最も高く29.2%、最も低いのが80歳以上で13.8%。さらに「電子マネー(プリペイド)」の支出割合は60歳代が最も高く4.7%、80歳以上が最も低く2.8%となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、人との接触を避けられる利点から、普及スピードは上がっていると言われています。消費者メリットも多いキャッシュレス払い。さらなる普及が期待されています。