北海道札幌市で3日、20代の知人男性にLINEメッセージを執拗に送りつけたとして、28歳無職の女が逮捕されたことが判明。その行動や内容が物議を醸している。

 女は2月15日から19日にかけ、知人男性に対し拒まれていたのにもかかわらず、LINEメッセージを60回送信、電話を20回以上かけ続けた疑いが持たれている。男性が警察に相談し、事態が発覚。ストーカー規制法違反の疑いで女を逮捕した。

 警察によると、2人は交際関係にあったわけではなかったとのこと。逮捕された女が一方的に恋愛感情を持ち、メッセージの送信などをし続けたものと見られている。警察の取り調べに対し、女は「事実に間違いはありません」と容疑を認めているとのことだ。その動機などについては、これから明らかになるものと思われる。

 ​​>>「好意を抱いていた」52歳男、20代元同僚女性宅に侵入し液体入り容器を置いて逮捕<<​​​​​​

 好きという感情が空回りしたようにも思える今回の事件だが、ネット上では「1日10回程度だし、かなり酷い内容のメッセージだったんだろう」「5日で60件って、そこまで多いとも思えない。内容が酷かったのか。これでストーカーと言われてしまうとちょっと厳しいようにも感じてしまう」「そんな暇があったら、仕事をしろと言いたくなってしまう事件だ」と女の行動や逮捕容疑に驚きの声が上がる。

 また、「LINEならブロックで終わりなのに、どうして受信し続けていたのだろう」「証拠を集めるために受け続けていたとしたら悲しいね」「一発ブロックで済む話だったのではないか」「1日10回程度でストーカーになるのは怖い」という指摘も。

 ただし、「怖かったんだと思う」「逮捕前に警告を与えているはず」「被害を受けた人間にしかわからない感情がある。軽々しく『なぜブロックしない』と指摘するのはおかしい」「軽微な事案でも警察が動くことで重大事件を防止できる」という声もあった。 逮捕された女にも言い分はあるのだろうが、ストーカーと認定されてしまった以上、行動を反省するしかないだろう。