元卓球日本代表の福原愛さんの不倫および離婚危機が台湾でも連日話題になっているが、世間によく知られる代表的な日台カップルの現状を日刊紙・聯合報が伝えている。

福原愛さんは2016年、台湾の卓球選手の江宏傑(ジアン・ホンジエ)さんと結婚。2児に恵まれた2人だが、今月初めに福原愛さんの不倫疑惑を日本の週刊誌が報じたことで、今年に入ってから話題になっていた夫婦の離婚をめぐる問題が注目されることとなった。

2人と同じく日台カップルで最も有名なのが、EXILEメンバーのAKIRAと台湾のモデルで女優リン・チーリン(林志玲)。2019年6月に結婚を電撃発表し、同年11月に台南市で行われた結婚式も話題になった。その後、リン・チーリンが毎年発売しているカレンダーにAKIRAも登場するなど、仲良し夫婦として知られている。

過去に台湾で日本人4人組のユニットSunday Girlsのメンバーとしてデビューし、その後は音楽グループの大嘴巴(Da Mouth)のボーカルとして人気を集めた愛紗(千田愛紗)は2016年、5歳下のモデルで俳優の周?甫(チョウ・ミンフー)と結婚。しかし3年後の2019年に離婚を発表した。

同じくSunday Girls出身の佐藤麻衣は2014年、台湾プラスチックグループの経営者一族の実業家、王泉仁(ワン・チュアンレン)氏と結婚。翌年に長男が誕生したが、2017年には夫婦の不仲が報じられて話題に。2019年にはすでに離婚していると台湾メディアが報じる騒ぎもあったが、その後は長男と日本に定住していることが分かっている。

女性タレントの相馬茜は2014年、韓国系アメリカ人で2003年に台湾でデビューしたミュージシャンのニッキー・リー(李玖哲)と結婚。仲のいい夫婦として知られ、このほど台湾メディアの取材に応じたニッキー・リーは、コロナ禍の影響で日本と台湾ですでに7カ月も離れ離れだが、毎日ビデオ通話で話していると明かしている。(Mathilda)