残念ながら、冨安健洋(ボローニャ)の連続フル出場記録は、第24節ラツィオ戦で途切れてしまった。かつてラツィオでプレーしていたシニシャ・ミハイロビッチ監督にとって、この試合は重要なものだった。ボローニャは2−0で勝利を収めたが、そこに冨安の姿はなかった。

 冨安は練習で左ふくらはぎの筋肉に痛みを感じ、エコーとMRIで検査をした結果、ヒラメ筋(ふくらはぎ内部の筋肉)に損傷が見つかった。特に深刻なものではないが、大事をとって2、3週間の休養が必要という診断だ。ただ、見方を変えれば、ハードなリズムで戦ってきた疲れをこの期間に癒すことができる。シーズン終盤に向けて、新たなエネルギーを持ってプレーすることができるいい機会だろう。

 ボローニャは中部イタリアの美しい町だ。美味しい食事とガリレオ、そしてヨーロッパ最古の大学が有名な、文化の香りのする街である。サッカーチームとしてのボローニャも1909年創立と古く、これまでに7度リーグ優勝を果たしている。しかし、最後のスクデット(優勝)は1964年。それ以降はほぼ真ん中あたりの順位で右往左往しており、ヨーロッパリーグ出場権を狙うよりは、B落ちをしないことの方が現実的な目標だ。

 このボローニャで、日本人DFは少しずつ頭角を現し、いまやこの夏のカルチョメルカート(移籍市場)の主役のひとりと目されるまでになった。

 ボローニャに移籍するまで、ヨーロッパではほとんどその名は知られていなかった冨安だが、昨シーズンは期待をいい意味で裏切り信頼を勝ち得た。そして今シーズンはそれ以上の活躍を見せ、ミハイロビッチのチームで不動のレギュラーとなった。「不動のレギュラー」というのは決して言葉の綾ではない。ラツィオ戦までセリエAで唯一、すべてフル出場を続けてきたフィールドプレーヤーなのだから。


ケガのため連続フル出場記録が途切れた冨安健洋(ボローニャ)photo by Maurizio Borsari/AFLO トミー(イタリアではこの呼び名で親しまれている)は22歳になったばかりの若手だが、テクニックは優れ、そのプレーはクリーンだ。ディフェンダーは時にどうしてもファウルする必要があり、そのため警告や退場は避けられないというのが世界での定説だ。

 ところが、冨安は、その常識をあっさりと覆した。彼はラフなプレーをすることなく、チームを守ることができる。これは世界に向けての大きな紹介状である。今シーズンはこれまでの23試合でイエローはたったの4枚、レッドは1枚もない。

 長所をもっと挙げていこう。冨安は多才なディフェンダーだ。必要となればどこのポジションでもプレーできる。昨シーズンは主に右SBとして活躍したが、今シーズン、監督のミハイロビッチは彼の188センチという長身を生かさない手はないと考え、より厳しい戦場であるCBに移した。今シーズンはこのポジションで23試合中14試合をプレーしている。残りの9試合は右SBが7回、左SBが2回だ。そして右でプレーした時にはより攻撃にも参加し、その2試合はいずれもゴールを決めている。

 こんなプレーをしていれば、他チームの注意を惹かないわけはない。冬のメルカートでは、ミランが積極的に動いた。彼らが示した金額は1500万ユーロ(約19億5000万円)。その他もろもろのボーナスもいれれば、ボローニャは少なくとも2000万ユーロ(約26億円)近くを手に入れることができる計算だった。ほんの十数カ月前、彼らがトミーをベルギーのシント・トロイデンから獲得した時に払った額はたったの600万ユーロ(約7億8000万円)だったのだから、これはボローニャにとってはかなりの儲け話だったはずだ。

 しかし、ボローニャはこのオファーをかたくなに拒んだ。その理由を、冨安獲得の張本人であるスポーツディレクターのリッカルド・ビゴンはこう述べている。

「冨安はまだ伸びしろのある選手で、我々は手放す気はない。オファーは多くのチームから寄せられており、彼がイタリアを始めとした世界のトップチームでプレーする力があることは我々もわかっている。しかし、現段階ではボローニャのようなチームで経験を積み、成長をすることが、彼のためにも、イタリアサッカーのためにも最適であると私は信じている」

 もちろん、彼はもうひとつの重要な「売らない」理由については口にしない。ボローニャは、冨安の市場価値がもっともっと上がることを確信しているのだ。より大きなオファー(例えば2500万ユーロ+ボーナス)があれば、ボローニャのこの決意も揺らぐはずである。

◆前半戦終了の欧州サッカー。市場価格が上昇した日本人選手ベスト5>>

 監督のミハイロビッチも冨安を大いに評価している。

「とにかく真面目なんだ。練習にもいつも情熱をもって臨んでいて、その態度が私は好きだ。DFのすべてのポジションができ、その多様性は彼の価値を大いに高めている。空中戦も強く、スピードもあり、プレーの先を読める。また、左右両方の足を使えることも大きい」

 同時に、これからの課題も指摘する。

「あまりにも優等生すぎる。つまり、ヨーロッパサッカーのマリーシアがまだ身についていない。ここには悪知恵が働き、決してクリーンでないストライカーが数多くいる。トミーはその面ではもう少し"日本人らしい"礼儀正しさ、正直さ、秩序正しさを捨て、"ヨーロッパらしい"狡猾さを身につける必要がある。そうすれば、もっとピッチで違いを見せられるようになるだろう」

 もっとも、冨安の"日本人らしさ"は評価の分かれるところだろう。ファウルの少なさが、多くのチームを惹きつけていることも確かだからだ。

 イタリアではミランとローマ、そしてイングランドの2チームも興味を示している。カルロ・アンチェロッティ率いるエバートンと、トーマス・トゥヘルのチェルシーだ。彼らはすでに昨シーズンの終盤から冨安に目をつけていて、両チームのスカウトは今シーズンも彼のプレーを追っている。

 イギリスのコロナ変異種のパンデミックが、多少両チームの熱を冷ましたかもしれないが、冨安に興味を持っていることは今も変わらないだろう。個人的には、プレミアリーグは冨安にとって理想的だと思う。

 イングランドのサッカーはフィジカル重視でスピードがあり、ヘッドに強い選手をパンのように日々欲しがっている。またプレミアはハードなことで有名だが、基本的にはポライト(品のある)なサッカーをする。ラテンの国々のピッチで繰り広げられる、芝居じみた小細工はあまりしない。長身でスピードがあり、ポジショニングが最大の武器である日本の若者には理想的なリーグではないだろうか。

 現実的な話をすれば、ボローニャが望む2500万ユーロという決して安くはない額を払えるチームを、コロナ禍で大きな打撃を受けているイタリアで見つけるのはかなり難しい。

 今シーズン末に冨安がボローニャを後にするにはほぼ確実だろう。サポーターもそのことをよくわかっている。残念には思うだろうが、チームが彼を手放したからといって大騒ぎはしないだろう。ボローニャのサポーターグループ、「クルヴァ・ロッソブルー」の代表はこう言っている。

「トミーは我々の仲間だ。ボローニャにとても馴染んでいるし、誰もが彼を好ましく思っている。だが、ボローニャは、いい選手を売って財政的にチームを存続させているチームで、我々はそれに慣れている。トミーは間違いなく大いなる力を持った選手だ。まだ若いし、もっと大きなチームに行って、そこで活躍すべきだと思う。彼はきっとどこに行ってもボローニャのことを忘れはしないだろう。ボローニャが決してトミーのことを忘れないのと同じようにね」

 別れの時は近づいている。