荷室の広さも装備も圧巻の充実っぷり

 日本で売れてるコンパクトSUVと言えば、やっぱり国産車が強いわけですが、世界を見るとちょっと事情が違います。2020年、欧州で販売されたすべてのSUVのなかでもっとも売れたのは、オシャレなフレンチコンパクトSUV、ルノー・キャプチャー。初代が2013年に登場して以来、2019年までで累計170万台以上が販売されたという、大ヒットモデルとなっているんです。

 そのキャプチャーがフルモデルチェンジを果たし、いよいよ日本上陸! 2月25日から販売がスタートすることとなりました。欧州No.1SUVは、いったいどんな進化を遂げたのか。さっそく試乗してみました。

 新型キャプチャーは、デザインのみならずプラットフォーム、パワートレインまで一新しています。初対面の印象では、これまでコロンとしたフレンドリーな雰囲気が強かったデザインが、モダンで洗練されたなかにもSUVらしいタフさと存在感を強め、ワイドになって地面にガッシリと踏ん張るようなイメージに。実際のボディサイズでは、全長が+95mmの4230mm、全幅が+15mmの1795mm、全高が+5mmの1590mmということで、それほど横方向には拡大していないので、デザインの妙なのだなと感じます。

 そんなデザインは今回、「フレンチデザイン」をとても強調しているのだそう。アスリートの筋肉のような躍動感、エレガントな曲線による官能性、そして都会の町並みに似合う洗練。こうした直線と曲線の絶妙な融合こそがフレンチデザインの美しさということで、全体的なプレミアム感もすごくアップしています。

 ルーフがブラックとなるツートーンでは、まるでルーフがフローティングしているように錯覚させ、フロントのヘッドライトとリヤのテールランプには、現代ルノーのアイコン的モチーフとなっているCシェイプを表現。もちろんライトはフルLEDで、ヘッドライトの下にはホイールからの乱気流を抑える役割を果たすエアディフレクターもアクセントになっています。デザインの中にそうした機能を持たせるというのも、ルノーの言うフレンチデザインなのです。

 さらに、知覚品質や先進技術といった部分では、キャプチャーが属するBセグメントではなく、1つ上のCセグメントをベンチマークとしているとのこと。それは外観だけでなくインテリアのデザインや触感、はたまた走りの質感や静粛性など、目に見えない部分の品質にも相当にこだわって開発されているようです。

 さて、ドアを開けて乗り込んでみると、ルノーが「インテリア革命」だと呼ぶスマートな空間に感心。センターパネルなどがドライバーに向けて配置され、ルノーの伝統でもある人間工学に基づく最新のインテリアに仕上がっています。

 とくにこだわったのは、運転席と助手席を仕切るように張り出す「フライングセンターコンソール」。これはスマートフォンがちょうど置きやすい収納トレイと、なるべくドライバーが手を自然に伸ばして届きやすい位置にシフトレバーを置くためのもの。そのレバーは、従来より軽く正確な操作が可能となる、シフト・バイ・ワイヤー採用の「e-シフター」となっています。

 そしてルノーファンなら必ず期待してしまうのが、シートの座り心地。新型は驚くことに、先代より薄型のシートを採用したとのこと。これは、ドライバーの操作性を第一に考慮したのが大きな理由で、先代は厚みがありすぎてハンドル操作などの際に身体に当たってしまうことがあったので、それを改善。確かに、サイドサポートの張り出しなどがやや控えめになり、座面長は+20mm、横幅も+15mmとゆったりしたぶん、身体の自由度が上がったと感じます。薄型になっても座り心地にはふっくらとしたクッション性を感じるし、ロングドライブの快適性も考えられているというから、これがルノーが出した最先端シートの答えだということなのでしょう。

 続いて後席です。新型キャプチャーはホイールベースが+35mmの2640mmと大きく延び、そのおかげで室内空間がかなり広くなりました。後席のニールームは+17mmの221mmに広がり、横幅も+40mm。大人が並んでもゆったりと座れます。しかも、一体式ではありますが、16cmの前後スライド機能が付きました。後席用のエアコンアウトレットも、USBポートも2個装備されて、この後席の快適性アップは国産コンパクトSUVもうかうかしてられないゾ、と思うほどです。

 また、ラゲッジは後席を最前端にした状態で536リットルの容量を確保。ライバルの多くが400リットル台なので、これはかなりのアドバンテージです。6:4分割で後席をパタンと倒せば、最大1235リットルの大きなスペースになり、フロアの高さが変えられるダブルフロアシステムもあるので、使い勝手は優秀です。

特筆すべきは走りの上質さ!

 では、いよいよスタートボタンを押してみます。今回、新型キャプチャーに搭載されたのは、新型ルーテシアでも好評の1.3リッター直噴ターボエンジン+7速EDC。ですが最高出力はルーテリアより+23馬力の154馬力/5500rpm、最大トルクは+30N・mの270N・m/1800rpmと高められて、デュアルクラッチトランスミッションも、先代の6速から7速へと多段化されています。

 走り出すと、発進直後からしっかりした踏ん張り感と、ボディの塊を感じさせる重厚感がヒシヒシと伝わってきました。同時に、適度な手応えがありながら、センターが明確でクルマとの対話がしやすいステアリングフィール。先代はどちらかといえば軽快感が持ち味でしたが、新型は上質で厚みのある加速フィールが前面に感じられて驚きました。今回、ルノー・日産・三菱のアライアンスで新設計されたモジュラープラットフォーム「CMF-B」が採用されたことで、パワートレインの高出力を受け止め、サスペンションのしなやかな動きを引き出す包容力、柔軟性がより高まったとのこと。それが、走り始めた直後から、こうした走りの質感、一体感をしっかりと感じさせているのではないでしょうか。

 速度を上げていくと、幹線道路などの中速域では全体に余裕がたっぷり。ストップ&ゴーを繰り返すなかでも、自然で豊かなフィーリングを楽しむことができます。高速道路に入り、80km/hくらいからの再加速や追い越し加速を試してみても、グイグイとトルクが湧き出てくる感覚。クルージングに入れば悠々としていて、これならどんどん遠くまで走って行きたくなりそうです。

 乗り心地では、前席よりも後席の方がやや弾むような感覚ではあるものの、大きな凹凸を一発で収めるところはさすが。コツンと遠くの方で音が鳴っているようで、ここでも目に見えない質感の高さを実感できました。

 あえて難点を見つけるとすれば……。新型キャプチャーには「オートブレーキホールド」機能が採用されました。これは、赤信号などの停車中にブレーキペダルから足を離しても停止を保持してくれて、ラクだし安全なのですが、信号が青になって再発進しようとアクセルペダルを踏むと、やや加速までのタイムラグが気になるかな、といったところ。

 また、最小回転半径は5.4mでプジョー2008と同じなのですが、Uターンをしたところ思いのほかハンドルが切れないかな、という印象。18インチの大径タイヤを履いているからかもしれません。

 でもそのほか、走行モードが選べる「MULTI-SENSE」でスポーツモードやエコモードに変えると、ガラリと違った印象の走りが楽しめるし、ボンネット先端の車幅感覚が掴みやすく、路肩に寄せたり狭い道を通過するのも運転しやすいと感じました。

 そして、新型ルーテシアで登場した先進の運転・駐車支援システム「ルノー イージードライブ」が新型キャプチャーにも搭載され、新たに「レーンキープアシスト」といった新機能も追加されています。ハンドル支援操作はたまに強引なところもありますが、こうした機能が初めてという人でも使いやすいでしょう。

 さらに、近年はなかなか獲るのが難しいという、欧州の新車アセスメントプログラム「ユーロNCAP」でも、最高ランクの5スターを獲得。ステアリングヒーターや前席シートヒーター、世界初のサブウーファーを搭載したBOSEサウンドシステムなど、快適装備も安全装備も驚くほどの充実度です。しかも燃費だって、WLTCモードで17.0km/Lと、国産コンパクトSUVにも負けていないというからすごい!

 こうして新型キャプチャーは、これぞ欧州NO.1SUV、という本気をまざまざと見せつけてくれました。じつはルノーは、トヨタで言うところの「TNGA」のような改革を、デザインから走りまで全ての開発過程において推進してきたのだとか。オシャレで、使い勝手がよくて、燃費も安全性も走りの楽しさも持っている、とんでもないコンパクトSUVが爆誕です!