「大変なことになってますよ」

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 韓国スポーツ界を揺るがしている“女子バレーボール美人姉妹いじめ事件”について知人の記者に尋ねると、間髪いれずに言葉が返ってきた。彼は日韓のバレーボール界を長く取材しており、現地に知り合いも多い。


イ・ジェヨン(左)とイ・ダヨン ©AFLO

「最初は姉妹のスキャンダルだったのですが、体育会系の問題になり、年功序列の問題になり、今では完全に韓国社会そのものの問題として認識されています。トップレベルになるアスリートの多くは中学や高校でちやほやされて育ってますからね、その強い立場を利用していじめやパワハラまがいのことをしてきた選手も多い。下手なことを言うと自分の過去の行いを暴露されかねないけれど、黙っているだけでも風当りが強い。アスリートたちはみな戦々恐々としていますよ」

中学時代の壮絶ないじめを告発

 すでにご存じの方も多いだろうが、あらためて韓国で起きた一件をまとめてみよう。

 韓国女子バレー界に、姉のイ・ジェヨンと妹のイ・ダヨンという、誇る双子の姉妹がいた。姉はスパイカー、妹はセッターとして韓国代表チームに名前を連ね、2014年のアジア大会では金メダルを獲得。

 国内リーグでも強豪チーム・興国生命ピンクスパイダースでプレーしており、“美人姉妹”として2人は女子バレー界の大スターだった。東京オリンピックが開催されれば間違いなく主力として来日していたはずだ。

 しかし、華麗なキャリアも輝かしい未来も、もはや完全に過去のものになってしまった。

 転落のきっかけは、中学時代のいじめを告発する文章がネット上にアップされたことだ。チームメイトに対する刃物での脅迫や、人間椅子の強制などあまりに内容な苛烈に、それまでのさわやかなイメージは一瞬で吹き飛んだ。本人たちのSNSには罵倒の言葉が次々と書き込まれ、謝罪文を発表してSNSアカウントを削除しても問題は沈静化に向かわなかった。それどころか「私もあの有名選手、有名人にいじめられた」と男子バレー選手や芸能人にまで飛び火する始末だ。

 イ姉妹は所属チームから無期限の出場停止処分を言い渡され、韓国バレーボール協会は「代表から無期限で外す」と発表。ミズノ・コリアをはじめとするスポンサー各社も、次々と契約を破棄した。

「日本ではまだ『韓国の問題』という感じでしょうけど、日本のバレー選手でも『自分がいじめた相手に告発されたら……』とドキドキしてる人はいますよ。上下関係が厳しいことや練習時間が長いことなど、日本と韓国のバレー文化は似てますからね。それに学生時代だけじゃなく、日本代表でさえ人間関係トラブルはありますよ」

 日本でも女子バレー界は体育会系の色が濃く、緊密な人間関係はうまく回っている時はいいが、一歩間違うと一瞬で収集がつかなくなる。

「吉原知子と竹下佳江は使うなよ」

 例えば、2003年から2008年まで全日本女子の監督を務め、2004年のアテネ、2008年の北京と、チームを2度オリンピック出場に導いた柳本晶一氏の言葉からも、女子バレーのチームをまとめることの苦労が窺われる。

 2019年の9月23日、ラジオ関西の『週明けクマチャンネル』に出演した柳本氏はこんな話をしている。

 柳本氏が監督に就任した2003年、全日本女子は低迷していた。その立て直しを任された柳本氏は、国内の単独チームをベースに代表チームを作る選抜方法から、各チームから優れた選手を呼ぶ形に方法に変えた。その時のエピソードとして「協会からは『君に任すけど、吉原知子と竹下佳江は使うなよ』と言われた」と告白。そして「協会が言うのも無理はないんです。もう時効だと思うから言うけど、高橋みゆきも含め、この3人はホント扱いにくいんですよ」と続けた。

 しかし結果的に、吉原はキャプテンとしてアテネオリンピックの出場権を奪還し、高橋は代表のエースに。そして竹下はロンドンオリンピックで銅メダルを獲得するチームの中心選手に成長した。

 協会の意向を無視した柳本の人選は成功したが、苦労も絶えなかった。

「女性の集団は難しい! 家内ひとりでも大変やのに、女子バレーやって、髪の毛真っ白になりましたから」と、2021年なら炎上しそうなコメントの後に、「バランスが難しいですね。どうしても感情があるから。『メグカナ(栗原恵・大山加奈)』が騒がれたときも、他の選手は面白くない。そうするとガスがたまってくるので、私が代表して大山選手を怒るわけです」と柳本氏は続けた。

 柳本氏は「時効」と笑い話にしているが、協会の圧力や選手間のトラブルで代表から外れた選手がいたとすれば、その恨みは何年経っても薄れるものではない。

 引退後に現役時代のトラブルを告白するのは監督だけではない。2004年アテネオリンピックの代表メンバーで、2012年のロンドンオリンピックにも出場した大友愛はテレビ番組に出演し、柳本監督時代について「どーしてそんなに『メグカナ』なんだとムカついていた」と話している。

 大友はメグカナの3学年上にあたる。スポーツは人気も実力も競争の世界なので嫉妬や確執をゼロにするのは難しいが、年下の選手にとってはかなりの圧力を感じていたことだろう。

一斉に無視、怪我をさせるためにスパイクを…

 メグカナ同士の関係も、周囲のギスギスした空気に振り回されていた。

 同い年のスター選手で、代表チームでも最年少だった2人はお互いに相談相手になり、励ましあう仲だった。しかし注目度が上がると、記者からの質問も「お互いをどう思うか」というものばかりになっていき、徐々に相手の心境を勘繰ったり「実は向こうは自分のことを嫌いなのではないか」と疑念が生じていったという。

 それでもメグカナの2人の間に立場の強弱はなく、しかも2人だったのでまだマシだったのかもしれない。メグカナの後にスターになった木村沙織には、同格の相手が存在しなかったからだ。

「スーパー女子高生」として早くから人気になり、ロンドンオリンピックでは銅メダル獲得。そしてリオオリンピックを目指すチームでは、木村はキャプテン兼エースという完全な“1強”状態だった。週刊文春(2016年9月1日号)では、木村の特別扱いに反発して新鍋理沙が代表チームから離れたことを報じている。

 アテネオリンピックに出場した杉山祥子が、過去に代表チーム内で一斉に無視されるいじめの標的になったことがあると発言してバレー界をざわつかせたこともある。練習中に事故に見えるギリギリのラインで嫌いな相手の指が怪我するようにスパイクを打つ、という話は複数の選手から聞いたことがある。一見仲が良さそうな女子バレーチームには、表から見えない複雑な人間関係が存在するのだ。

イ姉妹の問題も、現在進行形のトラブルがきっかけ

 韓国で10年前の「いじめ」の告発がこのタイミングで起きたのも、もとをたどればイ姉妹が「所属チームでいじめを受けている」という不満をSNSに書き込んだのがきっかけだった。昨年6月に、姉妹が所属するピンクスパイダーズに加入した“韓国女子バレー界の至宝”と呼ばれるキム・ヨンギョンと、それまでエースだったイ姉妹の間でチームの覇権争いが起きていたのだ。

 しかし、当のイ姉妹に中学時代にいじめられていた被害者にしてみれば「いまさらお前らが被害者ヅラするのは許せない」というところだったのだろう。

 女子バレー界に存在するいじめの連鎖が、今回表に出たものだけですべてだと考えるのは無理がある。まだ日の目を見ていなくても、地面の下には不発弾が無限に埋まっているのだ。

 中田久美監督率いる現在の女子日本代表チームについて、幸いにも人間関係でモメているという話は聞かない。2月22日に発表された24人のメンバーを見ても「なぜかあの人がいない」というような違和感はない。とはいえ、気の強いアスリートたちが集まるチームの運営が一筋縄でいく保証も全くない。

 この中の誰かが、後に「実はあの頃……」と暴露せねばならなくなる状況にならないことを祈るばかりだ。

(小野 歩/Webオリジナル(特集班))