ビリー・アイリッシュ(19歳)が、ラッパーの7:AMPと過去に極秘交際していたことを明かした。

7:AMPことブランドン・アダムスと過去に交際していたことを新ドキュメンタリー作「ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている」の中で告白、気持ちにすれ違いがあったことで上手くいかなかったと振り返っている。

同作の中でビリーはこう語る。

「私はとにかく幸せじゃなかった。それに、彼と同じことを望んでいなかったの。それは彼にとってフェアじゃない」
「自分がすごく興奮しているのに、相手は一切興味がないような関係なら続けるべきじゃないと思う」
「お互いにとってそれはフェアじゃないから。それに、なんていうか、努力が足りなかったのね」
「だからまさに『ねぇ、自分を十分に愛することも出来ないほど愛が足りないんだから、私を愛するなんて無理だよ』って感じだった」
「自分では大丈夫だと思っていてもね。でも、彼のことは愛していたから、余計に辛かった」

7:AMPは2019年のコーチェラ・フェスティバルでビリーのトレーラーにいるところが目撃されていたが、そこで壁を殴ったことで手を骨折したとして病院に運ばれていた。

「彼にセラピーに通ってもらおうとした。あまりにも自己破壊的だったから」と話すビリーだが、「彼を治そう」とは思わなかったため、気持ちはまだあるものの、別れを告げることが一番だと決めたと説明している。