このままで“終わる”女とは思えません。

【写真】下り坂をダッシュする小倉優子、直撃取材にも笑顔(記者デレデレ)

「復縁匂わせ」「エア復縁」という報道に対し、自身のInstagramで「本当にお伝えしたいことはきちんとお伝えしますし、匂わせなんてしません」と反論・否定した小倉優子(37)のことです。

 2018年12月、歯科医の一般男性と再婚し、2020年7月には第3子を出産、しかし2019年末ごろから歯科医夫と別居していると報じられていました。

 2020年10月にInstagramで自作のオレンジゼリー4皿の写真をアップしたことから、ゆうこりん、長男、次男、夫の4人分なのでは? という憶測が拡散。けれど実際はまだ別居中で復縁もしていない可能性が濃厚なため、「復縁匂わせ」「エア復縁」などと騒がれました。

 彼女と歯科医夫は復縁できるのか? それとも離婚してしまうのか?

 現状では何とも言えませんが、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者は、どちらの結果になろうとも芸能人・小倉優子のポテンシャルの高さをもってすれば、どんな逆境でも乗り越えていけると考えています。

 なぜなら2001年にデビューしたゆうこりんの「タレント人生」は決して順風満帆ではなく、二度の窮地に陥りながらもそれを乗り越えてきたからです。

「こりん星」の賞味期限と爆破

 かつて、「こりん星」から来た「りんごももか姫」という設定で人気を集め、多くのテレビ番組に出演。不思議ちゃんキャラはバラエティー番組を中心に重宝されたものの、嘘の上塗りを続けた結果、キャラの賞味期限としても本人の精神状態としても限界が訪れます。

 これが一度目の窮地でした。

 この窮地を脱するため、2009年末ころに「こりん星」設定を封印。「こりん星は爆発した」などと語って、不思議ちゃんキャラに頼らない路線に舵を切ります。

 もちろんそのキャラを破棄するだけで窮地を脱せるわけではありません。実はこりん星を爆破する数年前から、彼女はゴルフを始めて“ゴルファーキャラ”、株やFXなどを学んで“トレーダーキャラ”の下地を作っていたのです。

 実際、2007年にはゴルフ入門本『小倉優子でも100を切るゴルフ―初級者から中級者まで「聞けなかった12の鉄則」』(講談社)、2008年にはFX入門本『小倉優子のはじめましてFX』(角川SSC)などを出版しているんです。

 特にトレーダーキャラはこれまでの不思議ちゃんキャラとのギャップもあってか好評でした。しかも“実は頭いい”というイメージも付加できたため、ただの一グラドルから脱皮し、タレントとしてひとつ上のステージに押し上げる大きなファクターになっていました。

「こりん星」の賞味期限切れとともに芸能界からフェードアウトするのでは? という世間の予想を裏切り、自ら「こりん星」を爆破するとともに、地道な努力で新キャラを確立し、窮地を脱したのです。

不倫旦那と離婚によるイメージダウン

 その後、小倉は2011年10月にヘアメイクアーティストの男性と最初の結婚。しかし第2子妊娠中の2016年8月に夫が不倫していたことが発覚し、出産後の2017年3月に離婚します。

 これが二度目の窮地でした。

 このころは幸せなママタレとして人気を博していた時期。料理の腕を磨いて料理上手キャラを上乗せし、2012年に『小倉優子の幸せごはん』(講談社)、2013年に『小倉優子の毎日ほめられ ごはん』(講談社)といった料理本を出していましたが、それもこれも幸せな結婚生活が土台にあったからこそ舞い込んだ仕事だったはず。

 ですから旦那の不倫が原因での離婚とはいえ、ママタレとしてのブランドに大きな傷がついてしまったのは事実。

 ですが、離婚当時と離婚後のリスク対応が見事だったのです。

 まず根本的に、不倫した旦那への非難や愚痴などは一切漏らさないというスタンスを徹底。離婚を公表してすぐのイベントに登壇した際に、「今回のことで自分自身を見つめ直し、誰かのことを悪く思ったり、悪く言うのはダメだと学びました」と語ったのです。

 また2018年2月にバラエティー番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際には、「次男が産まれた瞬間に、あっ離婚しよう、って思ったんです」、「そのほうが私も前の旦那さんも子どもたちも、楽しくやっていけるって思った。落ち込んでいたのががんばろうって上がりました」と当時の心境を吐露。

 こうして女としての芯の強さを見せ、同情や共感を集めたことで、“幸せママタレ”から“強いシンママタレ(シングルマザータレント)”に見事転身。こうして二度目の窮地も乗り越えたのでした。

 ――外見やその口調からおっとりした性格のように思われがちですが、実は芯が強く、肝が据わっており、さらに頭もよく努力家。

 2人目の旦那との今後はわかりませんが、彼女はセルフプロデュースに長けた逆境に強いタレントですから、きっと大丈夫。“七転び八起き”と言わんばかりに、今置かれている状況や経験さえも糧にしていくことでしょう。

 自身に新たな付加価値を生み出し、たくましく復活する小倉優子に期待しています。

PROFILE●堺屋 大地(さかいや だいち)●恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー、恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』(扶桑社)、『スゴ得』(docomo)、『IN LIFE』(楽天)などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』(文藝春秋)、『日刊SPA!』(扶桑社)、『Business Journal』(サイゾー)などに寄稿している。LINE公式サービス『トークCARE』では、恋愛カウンセラーとして年間1000件以上の相談を受けている(2018年6月度/カウンセラー1位)。