日本コカ・コーラは新商品「やかんの麦茶 from 一(はじめ)」を4月26日から全国で発売する。近年、麦茶市場は健康志向の高まりなどから飲用シーンが拡大し、右肩上がりといえるが、ネットでも同社の新商品に関心が向けられた。

 同商品は、やかんで煮出したような本格的な麦茶の味わいを目指し、厳選した大麦を使用。沸騰したやかんで煮出した麦茶の味を実現するため、独自の高温煮出し製法を採用した。さらに、大麦エキスを加え、味わいや香りに深みを与えている。

 パッケージは、浅葱色(あさぎいろ)を基調に、どこか懐かしくも新しい親しみのあるデザイン。のれんがモチーフで、やかんのイラストも添えられている。容器サイズは、600ミリリットル、650ミリリットル、950ミリリットル、2リットルで展開する。

 麦茶市場の盛り上がりもあってか、新商品の発表を受けてツイッターには「おいしそ!!!今年の夏はお世話になりそうな予感」「買いたくなるネーミングだな〜」「やかんの麦茶とかいうものを作ってくれたのでコーラ社の信者になります」といった期待の声が寄せられた。商品のコンセプトも「たしかにやかんで作った麦茶は味ちょっと違う!」「やかんの麦茶って響きだけでもう美味しい」「子どもの頃に飲んでいたやかんで煮出した麦茶、ペットボトルとかティーバッグとかいろいろ試してみるけれど、あの香ばしい味に出会えない。この麦茶に期待しています」と消費者の心を掴むポイントとなった。

 麦茶好きの興味を引いたが「ペットボトルの麦茶といえば絶対的王者があるからなぁ。ドコまで迫れるか」といった書き込みも少なくない。競合として伊藤園の「健康ミネラルむぎ茶」を思い浮かべる人が多いようで「今から参入しても(CMキャラクターの笑福亭)鶴瓶に勝てるんだろうか…」「鶴瓶一強を崩せる気がしない」「俺達の鶴瓶への信頼は揺るがない」などと熱い支持があることがうかがえる。「サイズが鶴瓶意識だ」との指摘もあり、「鶴瓶の麦茶に対抗するには700mlは欲しい所」といった大胆な要望もあった。