▽この記事の要約▽

松屋がテイクアウト・デリバリーを対象に新春キャンペーンを開始した

予約サイト利用者に20%のポイント還元を行う

店内待ち時間をなくしコロナ禍にも対応



「松弁ネット」で期間限定のポイント還元企画

株式会社松屋フーズホールディングスは5日、同社が展開する牛めし・カレー・定食・その他丼の「松屋」をはじめとする松屋フーズ全店において、自社のテイクアウトWeb予約専門サイト「松弁ネット」の「20%ポイント還元キャンペーン」を開催すると発表した。期間は2021年1月5日10時~3月1日10時、テイクアウト利用のほかデリバリーも対象となる。

「松弁ネット」は、PCのWebブラウザやスマートフォン上から、事前にメニューの注文を行えるサイト。利用には会員登録が必要だが、弁当1個から注文可能で、メインメニューなら最短15分後から待たずに商品を受け取れる。

店頭における食券購入も不要で、支払いはクレジットカードによる事前決済か、店舗でのPayPay決済、現金決済となる。利用により会計100円ごと10ポイントが付与される「松弁ポイント」の仕組みがあり、貯まったポイントは1ポイントを1円として、10ポイント単位で支払いに充てることができる。

今回のキャンペーン期間中は、受取時間を指定して注文したユーザーに、利用100円ごとで20ポイントを加算、還元率を20%に引き上げる。


新規会員登録者へのポイントプレゼントも

さらに、期間中新規会員登録を行ったユーザーには、通常100円分相当のポイントプレゼントとしているところ、300円分相当をプレゼントするものともした。

利用は1人1回限定だが、もれなく全員に贈呈される。


安心・安全、利便性向上でリピート利用促進

緊急事態宣言発令で、飲食店にはさらなる苦境が予想される。松屋では、コロナ禍に高まるテイクアウトニーズに対応し、ポイント還元企画を開始した。

事前予約の利用促進は、店内待ち時間のカットにより、運営面でも感染リスクの低減と効率改善が見込める。会員登録はそのままリピーター醸成につながり、日常的な利用を促進できるだろう。

こうしたお得と安心・安全を消費者に広く感じてもらえる仕組みを構築し、コロナ禍に強い経営体制を目指したい。