新型コロナウイルスのまん延や、それに伴うオリンピックの中止など、多くのことがあった2020年。テレビやドラマ界でも様々なヒット作が生み出され、連ドラで三作主演を務めた岡田健史さんや、朝の連続テレビ小説『エール』で主人公の娘の相手役を演じ、活躍著しい宮沢氷魚さんなど、多くの新しいスターも生まれてきました。

 果たして2021年はどんな顔がテレビや映画を賑わせてくれるのでしょうか? 今年もブレイク必至の注目株がいっぱいです。

◆渡邊圭祐(わたなべ・けいすけ)27歳

 渡邊さんは2020年、TBS系『恋はつづくよどこまでも』で主人公のヘタレな同僚役や、『MIU404』で物語のカギを握る動画配信者・特派員REC役などで注目を集めました。『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系、2019年)のウォズ役としてその名をおぼえている方もいるかもしれません。

 ヘタレから、色気あるミステリアスな役柄まで演じられる幅の広さは彼ならではの個性。2021年は映画『ブレイブ ‐群青戦記‐』(3月公開予定)や、1月から始まったドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系)など出演作が相次ぎます。2021年はどんな役柄を演じ、どんな顔を見せてくれるのか、とても楽しみですね。

◆神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)21歳

 出演を務めるホラー映画『樹海村』(2021年2月公開予定)や、Huluドラマ『マイルノビッチ』(2021年2月12日〜配信予定)の公開が控えている神尾さん。かねてからその端正で美しい顔立ちは出演作が公開されるたびに多くの人々の注目を集め、女性誌『ViVi』(講談社)が春に発表した、2020年上半期“国宝級イケメンランキング”の「NEXT部門」で1位に輝きました。(下半期のNEXT部門1位は岡田健史)

 21歳ながらも2015年のデビュー以来、『3年A組』(日本テレビ系)『アンナチュラル』(TBS系)、『いいね!光源氏くん』(NHK)など多くの話題作に出演し、経験と実績を積んだ彼。ルックスだけでなく演技派としても評価は高いといいます。なかでも『3年A組』水泳部のマネージャー・真壁翔役の熱演はネットでも話題を集めました。

◆伊藤あさひ(いとう・あさひ)20歳

 2020年11月まで放映されたNHK連続テレビ小説『エール』で、主人公夫婦の娘・華の恋人役として出演した伊藤あさひさん。プロ野球選手を目指す高校球児という役柄にぴったりのそのさわやかな印象は、少ない出番にもかかわらず視聴者に強い印象を与えました。最終的に華とは別れることになりましたが、「ずっと彼を見ていたかった」とその展開を悔やむファンもいたとか。

 伊藤さんは2018年はテレビ朝日系日曜朝のスーパー戦隊シリーズの第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系)で主演の1人を演じたことでも有名です。彼はまだ弱冠20歳。今後も長い活躍が期待されます。

◆赤楚衛二(あかそ・えいじ)26歳

 異例のヒットで話題のテレ東系連続ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(通称・チェリまほ)で単独初主演した赤楚さん。その可愛らしくていじらしいキャラクターに夢中になる視聴者が続出しました。

 2020年は映画『映像研には手を出すな!』や『思い、思われ、ふり、ふられ』など話題作の出演が相次ぎましたが、チェリまほ効果で2021年はさらに飛躍が期待されそうです。くしくも所属事務所は『おっさんずラブ』の大ヒットで大ブレイクした田中圭さんと同じ。彼もドラマにひっぱりだこになること間違いなしでしょうね。

◆玉置玲央(たまおき・れお)35歳

『恋する母たち』(TBS系)で、仲里依紗さん演じる蒲原まりの夫・繁樹役の好演が記憶に新しい玉置玲央さん。2020年は、他にも『伝説のお母さん』(NHK、2月放送)でも主人公の夫・モブ役を演じ、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演しました。クズな男の役をさせたら彼の右に出るものはいません。

 舞台中心の活動をされていたため、現在35歳ながら新鮮な印象の玉置さん。その確かな演技力は2019年映画『教誨師(きょうかいし)』にて第73回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞したほどです。同じく舞台を中心に活動後、30代になってダメ男役(『家政婦のミタ』など)で注目を集めた長谷川博己さんのように、玉置さんもまた今後連続ドラマの主役常連になる未来を感じさせます。

============================

 すでにブレイクの兆しを見せている若手俳優、知る人ぞ知る実力派俳優……様々な面々を紹介しました。様々な作品が撮影中断や延期・中止となるなど、打撃を受けた2020年の映像業界。若手俳優さんも活動のチャンスを失った人も多いでしょう。2021年はそんな彼らのリベンジの年。例年に比べて多くの新しいスターが生まれる年になるかもしれませんね。

<文/小政りょう>【小政りょう】
映画・テレビの制作会社等に出入りもするライター。趣味は陸上競技観戦