大晦日に行なわれたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで2度目の防衛を果たした井岡一翔(31)。田中恒成(25)を8回TKOで破ったが、左腕にある入れ墨がJBC(日本ボクシングコミッション)のルール(86条=入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者は試合に出場することができない)に抵触しているとして問題化した。擁護論も多いなか、JBCは処分する姿勢を崩さず、騒動は広がっている。

【写真】サングラスにハットという定番のいでたちで熱く語る山根氏

 井岡はJBCのスタッフ立ち合いのもと、コンシーラーを塗ってタトゥーを隠す処置をしていたが、汗などで薄れてしまったとしている。ただし、井岡自身も海外メディアに「このルールを崩していきたい」と語るなどしており、ルールには納得していないようだ。ボクシング関係者や識者の意見も割れているが、大きく分けると、「ルールである以上は守るべきで、認めるべきだと思うならルール改正を訴えるのが筋だ」というJBC擁護派と、「タトゥーが不快だというのは古い考えで、そんなルールがあるほうがおかしい」という井岡擁護派に大別される。

 そこに、第三の立場で物申すボクシング界の大物が現れた。

「アカンのやったら最初からリングに上げんかったらええねん」

 そう言い放ったのは、アマチュア時代から井岡と親交のあった日本ボクシング連盟第12代目会長の山根明氏(81)だ。“男・山根”は、サングラスにハットというお馴染みのスタイルで、歯に衣着せぬ見解を披露した。

「オレ自身は教育の一環であるアマチュア(ボクシング)出身、役員として43年やってきたので、入れ墨は当然、認めてこなかった。プロの井岡選手がなぜ入れ墨を入れたかは本人以外にはわからないが、報道によれば試合前にJBCのスタッフ立ち合いのもとで入れ墨を隠す処置を施してリングに上げたというじゃないですか。

 処置を確認してOKを出しておいて、あとでアカンかったというわけやろ。リングに上がることを認めておいて、世間が騒いだら選手が悪いというのは、さすがにおかしい。オレに言わせたら罠にはめてるのと同じや。

 井岡選手の入れ墨が社会的問題になるんなら、リングに上げたJBCの責任者が腹を切らなアカンのんちゃうの? オレなら切腹してます。井岡選手は高校時代からよく知っています。かわいがった子ですよ。いい子でね。こんな問題になるのが残念でならん」

 井岡が、「(タトゥーを入れたままだと)日本で戦えないなら海外で日の丸を背負ってやる」とコメントしていることについて山根氏は、「ええこと言うな〜、日の丸を背負うやて。嬉しいな。日本国の誇りをもって世界で戦う。ええやないですか。海外でやればいいですよ。引退することはない。あれだけの選手や、もったいない。海外から見返してやればいい」と賛同し、こう付け加えた。

「ただ、JBCから処分を受けて、そのまま海外でやると悪者で終わってしまう。しっかりと白黒をつけて、JBCには男らしく頭を下げてもらいたい。そして、できればこれまで通り日本のリングに上げてやりたい。

 ルールは守らなアカン。しかし、一度OKが出た後に、やっぱりルール違反だと処分されるなんて、無茶な話はない。いい試合だっただけに、場外で騒動になっているのが残念でならん」

 山根氏の言うように、処分の前提として「何があったのか」「誰に責任があるのか」をきちんと調査・公表することは必要だし、その後には「今後はどうするか」を広く議論する必要もあるだろう。