多くのデザイナーが待ち望んだビッグニュース!

株式会社モリサワは、株式会社写研の保有する書体を、両者共同でOpenTypeフォントとして開発することに合意したことを発表した。フォントは2024年から順次にリリースされる予定。ラインナップや提供形態については、今後随時に案内が行われる。

株式会社写研の書体は、幅広いバリエーションと洗練されたデザインが特徴。専用のシステムを通じて多くの媒体で利用されている。デザイナーからの評価は非常に高いが、現代の主流のDTPで気軽にデザインに取り入れることはできず、その状況を惜しむ声は多かった。今回、株式会社モリサワとタッグを組むことで、質の高い書体をOpenTypeフォントとして、より幅広い用途で利用できるようになることが期待される。

リリース予定とされている2024年は、株式会社写研の創業者である石井茂吉氏と株式会社モリサワの創業者である森澤信夫氏が写真植字機(写植)の特許を共同で申請した1924年からちょうど100周年の記念すべき節目。今回の発表にあたり、株式会社写研の代表取締役社長の笠原義隆氏は「共に邦文写真植字機を世に送り出したモリサワ社と共同事業を開始できることに、深い感慨を覚えます。 今後写研書体がより多くの皆様にご利用いただけますよう、鋭意努めてまいります。」とのコメントを寄せている。

また、株式会社モリサワの代表取締役社長の森澤彰彦氏からは「邦文写真植字機発明100周年に向けて、両社共同でフォントを開発できることを心から嬉しく思っています。長年にわたって愛される写研の書体をこれからも多くの皆様にご利用いただけるよう、グループ一丸となって誠心誠意取り組んでまいります。」とのコメントが公開された。

株式会社モリサワ
URL:https://www.morisawa.co.jp/
2021/01/18