アイドルグループ「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)が今日2020年12月26日に最終回を迎える。最終回の放送は19時から。4時間の生放送スペシャルで、5人だけの温泉旅やラストデスマッチなど、スペシャルな企画が目白押しだ。

そんな中、26日付の朝刊のテレビ欄が話題を呼んでいる。「縦読み」するとあるメッセージが隠されているからだ。

「旅来最んの永我大闘思も今伝 嵐力が飛歌」ひらがなに変換すると...

テレビ欄の行の1文字目をピックアップするとこうだ。

「嵐5 旅来最んの永我大闘思も今伝 嵐力が飛歌」

嵐5以外、ひらがなに変換して縦読みすると、以下のメッセージになる。

「嵐5 たくさんのえがおとおもいで ありがとう」

この粋なメッセ―ジに、SNS上では

「目頭が熱くなった」
「感動」
「ちょっと難しかったけど解読したら泣いたよね」
「スタッフ愛だね」

などといった声が上がっており、大きな反響を呼んでいる。

ちなみに26日関東エリアで発売された読売新聞の朝刊は、テレビ欄に嵐カラーが施されているほか、番組表の上下には番組スタート時の2010年から2020年まで、1年間ずつ嵐の写真が掲載されている。「嵐にしやがれ」公式ツイッターによると「スタッフの想いを込めさせて頂きました」とのこと。

この愛ある仕掛けに対しても、ファンから感動したとの声が次々に寄せられている。