寒気が居座り全国的に厳しい寒さ続く東京・八王子は−5℃予想

2020/12/14 16:55 ウェザーニュース

今日14日(月)、日本列島に流れ込んできた寒気はしばらく居座ります。この先1週間程度は寒気の影響で、全国的に真冬の寒さが続く見込みです。

日本列島の全域が強い寒気に覆われる

明日15日(火)は降水があれば平地で雪となる目安の、上空1500m付近で−6℃のラインが本州の南海上まで南下。日本列島のほぼ全域が強い寒気に覆われます。これだけの強い寒気に覆われることで、地上付近の気温も低くなり、寒さが厳しくなる予想です。

札幌は真冬日の1週間 東京・八王子は−5℃予想

今日14日(月)15時の段階で最高気温が−1.5℃と、今冬初の真冬日がほぼ確実な札幌は、明日15日(火)〜20日(日)まで最高気温が0℃に届かない予想です。1週間に渡って、真冬日が続きます。東京は最低気温が0℃前後まで下がり、郊外の八王子では17日(木)に−5℃を予想しています。晴れる昼間でも10℃に届くかどうかです。冷たいからっ風が吹いて冬らしい寒さとなります。名古屋は16日(水)の最高気温が4℃、雪が積もる可能性もあるくらいで、万全の防寒が必要です。大阪や福岡も週前半を中心に最高気温が一桁の予想となっています。新型コロナウイルスの流行が続いていますので、暖房の強度と適切な換気のバランスを上手くとって、室内温度や湿度を調整するようにしましょう。