夏を迎えたオーストラリアで、サンタクロースが集まりジェットスキーで一斉に走るというイベントが開催された。このイベントは様々な理由で施設にいる子供たちへクリスマスプレゼントを贈るために、その費用を募るべく行われたものだ。さらに156人のサンタが一度にジェットスキーで滑走したことがギネス新記録の可能性があり、現在審査が進められているという。『ABC7 News』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

【この記事の動画を見る】

豪クイーンズランド州ゴールドコーストにあるナラン川で先月29日、施設で過ごす子供たちへクリスマスプレゼントを届けるチャリティ団体が、プレゼントの資金を集めるためのイベントが開催された。

イベントは事前にSNSなどで告知されており、サンタクロースのコスチュームに身を包み、ジェットスキーでの参加が呼びかけられた。そして当日は総勢156人が集まり、サンタの格好をするだけでなく、ジェットスキーをソリやトナカイに見立てて飾り付けて参加した人もいた。一斉にジェットスキーで走り出すと白い水しぶきを上げ、まるで雪原を駆けるソリのようにも見える光景は圧巻だ。

このイベントの主催者であるジェーン・パッデンさん(Jane Padden)は「施設で過ごす子供たちは、それぞれ複雑な事情を持って施設にいる子が大半です。クリスマスを一緒に過ごす家族がいない子でも、私たちのように周りには愛情を注いでくれる人がいるということを伝えたいのです」とその目的を明かしている。

ジェーンさんは2014年のクリスマスに、友人らと共に施設の子供達へのプレゼント企画を始めた。当時は6人の子供たちに贈ったが、多くの人に呼びかけたことによって翌年には64個、さらにその翌年には86個のプレゼントを用意することができたという。

今回のイベントでは、合計1万オーストラリアドル(約77万1000円)が集まった。1個のプレゼントは約50オーストラリアドル(約3800円)ということなので、単純計算すると今年は200個のプレゼントが用意できることになる。

ちなみに156人のサンタがジェットスキーで一斉に滑走したことで、これまでの129人の記録を上回った。よってギネス新記録を達成する可能性があり、現在は審査が進められているという。画像は『ABC7 News 2020年12月2日付「150 ‘Santas’ on jet skis aim to bring foster children presents in Australia」』『Christmas Presents for Kids in Care 2020年11月29日付Facebook「Santa’s getting ready to ride.」「Those lashes!」「Love love」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)