▽この記事の要約▽

幸楽苑が7店舗で初の食べ放題サービスを開始

平日15時からのアイドルタイムに実施

密にならない分散利用、お得アピールで注目



人気メニューの60分食べ放題プランを限定実施

株式会社幸楽苑ホールディングス(以下、幸楽苑HD)は、展開するラーメンチェーン「幸楽苑」の全国7店舗で食べ放題サービスの提供を開始すると発表した。期間限定、店舗限定の特別企画で、幸楽苑としては初の取り組みとなる。

この食べ放題は、平日15時~18時(最終オーダー17時)のアイドルタイムに実施するもので、中華そば・味噌らーめん・塩らーめん・絶品半チャーハン・ライス・餃子・W餃子が対象になる「中華・餃子・チャーハンセット食べ放題」と、1食のみで食べ放題からは除外される中華そばが付き、ライス・餃子・W餃子が食べ放題になる「餃子・ライスセット食べ放題」の2プランで提供される。

価格は前者が1,600円、後者が1,300円(いずれも税込)。時間は60分のオーダー制で、各餃子メニューには「極」や「ベジタブル」、「ハーフ&ハーフ」も含まれ、自由に選ぶことができる。


お得にお腹いっぱい!

食べ放題プランとして、まわし食べや持ち帰りは禁止し、利用客には食べられる量での注文を求める。食べ残しが多い場合には、追加単品料金を請求するとの注意書きも出した。

“大食いチャレンジャー”の参加も歓迎とし、お得にお腹いっぱい楽しんでほしいとしている。初実施にあたり、幸楽苑HDでは、今後もチャレンジングでイノベーティブな取り組みを推進していきたいとする。

インパクトあるお得プラン、アイドル時間帯の活かし方

手頃な価格でいつものメニューが食べ放題になる、という消費者にとってお得な印象の強い、インパクトある期間限定プラン提供は、話題化が見込め、通常時間帯の集客アップにもつながると考えられる。感染症対策面の不安が少ないオーダー制で実施する点もポイントだ。

さらに連続営業を行う飲食店にとって、大幅に利用客が減少する平日アイドルタイムを活用した点が大いに参考となる。店舗効率の改善と集客・売上増、“密”になりにくいなど今求められるポイントを的確にとらえたキャンペーンであり、アイデアが光る。