男性の脈あり行動ってわかりにくいですよね。でも、本命女性からは「優しくマジメな男」に見られたいようです。男性の皆さんに、正式に付き合いたい女性だけにする努力を教えていただきました。

本命女性にだけにするアプローチ

1. さりげなく気遣いする

まずはいい印象が大切。本命女性に対しては、優しい男性というイメージを高めたいようです。

・「一緒に入ったカフェのクーラーが強かった時に『大丈夫? 寒くない?』など声をかける。やっぱり本気で好きな女性に優しい男と思われたいので」(公務員/28歳・男性)

・「定番だけど、歩いている時に彼女を歩道側にするなど、付き合う前から大切にしているアピールしました。カップルになっても気遣いしています」(食品メーカー営業/31歳・男性)

▽ 思いやりがある男性は魅力的です。ストレートに好意を示すより効果がありそうですね。

2. LINEは控えめで丁寧にする

好きな相手ほどメッセージ内容を考えてしまいます。それは男性も同じようですね。

・「本当は速攻返信したい。でも『LINEばっかしてヒマな男』と思われたくないので、ある程度ゆっくりペースで、丁寧にメッセージします」(アパレル生産管理業務/28歳・男性)

・「どうでもいい子には割と早く適当に返すけど、付き合いたいなと思う女性には、しっかり内容を考えて次につながるようにしている」(不動産営業/34歳・男性)

▽ 丁寧さがポイントですね! ある程度、余裕がある返信のほうが落ち着いた男性に見えます。3. 彼女が好きなものをリサーチする

男性にとってスムーズな会話は意外に難しい。だからこそ、好きな女性のためには事前準備をします。

・「彼女の好きなものや趣味をさりげなくSNSでチェックしたりしています。本気で好きな女性とは地道に仲良くなるのが一番なので」(工業デザイナー/33歳・男性)

・「好きな子がいいと言っていた動画などは必ず見ておきます。話を盛り上げるために結構大変です」(専門学校広報業務/26歳・男性)

▽ 話が合うと自然に親しくなれますよね! 男性も地味な努力で頑張っているようです。4. 下ネタは言わないようにする

男性同士なら冗談で盛り上がる話題でも、一歩間違えば嫌われる原因に。好きな女性の前で下ネタは厳禁なのです。

・「以前、好きな女性にエッチの経験を話して、冗談だったのに嫌われたことがある。それ以来、本気で好きな子には、下ネタどころか元カノの話題もしないようにしている」(広告営業/24歳・男性)

・「本気で好きな子には、振り向いてほしいというより『嫌われないように』と注意する。間違っても下ネタなどでドン引きされないようにと慎重になります」(物流管理/30歳・男性)

▽ 本気だからこそ信用されたいと思うもの。軽い男性と思われないように頑張っているようです。