お笑いコンビ・霜降り明星せいや(28歳)が、テレビ番組の収録で骨折したことがわかった。同コンビのYouTube公式チャンネル「しもふりチューブ」で報告している。

せいやは11月24日と25日に更新した動画で「しゃべるだけで痛い」「骨折れてるかもしれん」「しんど過ぎる」と、思うように動けないほど、胸の付近が痛いと訴え、その理由を「(番組収録で)思いっ切りバチンって殴られたんですよ。オレが殴ってくれって言った演出なんで、全く誰も悪くないんですけど。そこからずっと痛い」と説明。あまりに痛いことから、病院に行くことになった。

そして11月29日に更新した動画では、病院から戻ってきたせいやが診断結果を公開。病院での診断は肋骨骨折(肋軟骨骨折)で、せいやは「(テレビの)本番中にちょっと、収録で、お笑いやりすぎて。肋骨折れちゃった」「一週間くらい痛い痛いと思ってたんですけど、この職業柄、やっと病院に行けたんで。やっと判定が出まして、骨が折れてました」と報告している。