"無敗の牡牝三冠馬"コントレイルとデアリングタクト、芝GI8勝馬アーモンドアイの"ドリームマッチ"に沸く今年のGIジャパンC(東京/芝2400m)。その名に相応しい世界に誇れるレースになりそうだが、世界が見つめるのはこの主役候補の3頭だけではない。唯一の海外招待馬としてフランスから参戦するウェイトゥパリス(牡7歳)がその1頭だ。


ジャパンCが最後のレースになるウェイトゥパリス

 今回、ウェイトゥパリスはジャパンCに出走するのにあたり、賞金とは別に報奨金を得ることができる。勝てば300万ドル(約3億1000万円)、4着以下でも20万ドル(約2000万円)という、インセンティブとしても破格の金額。この報奨金がもらえるのは、指定国外競走のひとつであるフランスのG汽汽鵐ルー大賞(サンクルー/芝2400m)を勝っているからだ。

 もちろん、この報奨金があっての参戦でもある。今年のフランス競馬は、コロナ禍でレースの開催、賞金ともに縮小となり、誰もが大きなダメージを受けた。その補填として「タダもらいの20万ドル」があるなら......という動機は否定しない。

 しかし、陣営の本当の思惑はそちらではない。ウェイトゥパリスを管理するアンドレア・マルチアリス調教師は、同馬が報奨金の条件となるレースを勝つ以前から、ジャパンCを視野に入れていたからである。

 話は1年前に遡る。G騎旋門賞(パリロンシャン/芝2400m)の前哨戦であるG競侫ワ賞(パリロンシャン/芝2400m)で2着に敗れた際、マルチアリス調教師は「次は凱旋門賞には行かず、カドラン賞(G機織僖螢蹈鵐轡礇鵝深4000m)へ」と話していた。そこで「その先にジャパンCという選択肢はないのか?」と尋ねると、「この馬に合う馬場だと思うし、大変興味もある。しかし、挑むにはまだ力が足りない。もっと力をつけてからでないと」と慎重な姿勢を見せていた。

 そして今年、満を持しての参戦。今回が引退レースで、アイルランドでの種牡馬入りも決まっている。だが、決して引退前の"思い出出走"ではない。コロナ禍でオーナーも調教師も来日することが困難であり、物見遊山ではないのだ。

 6月のサンクルー大賞までは中1週が4戦続いたが、勝利したあとはジャパンCからの逆算で調整された。

「正直、サンクルー大賞は連戦の疲れが出ていて、本来のパフォーマンスではなかったと思います。それでも指定レースを勝ち切ったので、堂々と日本に向かえます。サンクルー大賞のあとは、ジャパンCを見据えて間隔を取りながらしっかりと馬を作り直しました」(マルチアリス調教師)

 この言葉からも、報奨金は後づけのボーナスであって、これが主目的ではないことが伝わってくる。

 また、「3強」をはじめとする日本馬が非常に強力であることは理解しているが、陣営には好走できる計算がある。

 まずは馬場だ。ヨーロッパ調教馬は、「近年の日本の高速化された馬場に適応できない」とされている。事実、2006年に3着となったウィジャボード以来、馬券に絡んだ外国招待馬はいない。敗れた陣営はみな、レベルアップした日本馬と、高速化された馬場に敗因を求めた。

 しかしウェイトゥパリス陣営は、「欧州の重馬場が合わない。むしろ今年の東京の馬場ぐらいがちょうどいい」と、早い段階から適性に言及している。重馬場だった今年の凱旋門賞では9着だったが、これも馬場とスローペースが敗因であるとした。逆に今年の重賞2勝は、いずれも良馬場でのレースで挙げている。

 血統面でも、父系のデインヒル、母系にあるコジーン、ヌレイエフ、バックパッサーといった名前は、いずれも日本の馬場に実績・親和性のある種牡馬ばかり。コジーンを遡れば、日本の大舞台で強いとされるグレイソヴリンの名もある。

 さらに、過去のレースを振り返ると、アタマ差で2着になった今年のガネー賞の勝ち馬ソットサスと、同じく2着だった昨年のフォワ賞の勝ち馬ヴァルトガイストは、いずれものちに凱旋門賞を制している。レベルという面で見ても、決してひけを取らない。

 鞍上には、マルチアリス調教師と昔から親交の深いミルコ・デムーロ騎手を迎える。名前からも判るように、マルチアリス調教師もデムーロ騎手と同じイタリア出身。3年前に独立し、フランスに進出した際にイタリアから連れてきた4頭のうちの1頭が、まだ重賞勝ちがなかったウェイトゥパリスだ。この秋、今ひとつリズムのよくないデムーロ騎手だが、祖国の空気に刺激を受けることは間違いない。 マルチアリス調教師の妹は、凱旋門賞当日にフランス初の女性騎手によるG1制覇を果たしたジェシカ・マルチアリス騎手。今度は兄が世界を驚かせる番だ。