「職場やグループになかなか溶け込めない」「コミュニケーションに疲れてしまう」「人と話すのが怖い」

 こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。とくに、あまり親しくない人や、苦手な相手と二人きりになってしまったときなどに感じるストレスや気まずさは相当のものです。

「どうすれば克服できる?」という疑問に答えてくれるのが、ニッポン放送の人気アナウンサー・吉田尚記さん。

◆ルールさえ覚えれば、誰でも会話上手になれる

 アナウンサー、ラジオパーソナリティ、さまざまなイベントの司会進行など、広く活躍している吉田さんですが、実はもともとは人見知りで、他人とコミュニケーションを取ることが苦手な、いわゆる「コミュ障」だったのだそう。

 入社したばかりの頃は失敗の連続で、ゲストからも「からみにくいアナウンサー」といわれてしまうほどだったといいます。

「他人との他愛のない雑談などのコミュニケーションは、誰でもできて当たり前のものだと思われがちですが、誰かとスムーズにコミュニケーションをとって人間関係をつくっていくのは、すごく難しいことです。

 例えばうまく泳いだり、字をきれいに書いたりするのと同じように、コミュニケーションだって、練習しなければうまくなりません。ですから、うまくできない自分を必要以上に責めたり、落ちこんだりする必要はないんです」(吉田さん)

 吉田さんは、約20年かけて試行錯誤を重ねる中で、「コミュニケーションのルールさえ覚えれば、誰でも会話上手になれる」という結論に辿り着きました。

 ここでは、コミュ障だった吉田さんがどのように「会話への苦手意識」を克服してきたのか、そして吉田さんが編み出した会話のテクニックの中のいくつかを吉田さんの話題の著書『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)をもとに聞きます(以下、吉田さんの寄稿)。

◆「つまらない」と思われる恐怖との戦い

 人と話すのが苦手、可能なら会話から逃げたい、つまらない人間だと思われるのがこわい。

 そんな風に思っていた私ですが、たまたまアナウンサーになってしまったことで、コミュニケーションの技術をいやおうなく身につけなければいけませんでした。

 仕事ですから、嫌でもコミュニケーション「しなければならない」という状況に追い込まれ、毎日バッターボックスに入ってバットを振り続けたのです。フォームがダサいとか、空振りしたら恥ずかしいとか、デッドボールが怖いなんていっていられませんでした。それが嫌なら、この仕事をやめるしかなかったのです。

 コミュ障にとって、コミュニケーションは「面倒くさい」ものです。

「勇気を出して今度こそ相手に話しかけよう!」と思っても、「いつ、どんな言葉で話しかけようかな?話がうまく合うだろうか?」などと考えているうちにだんだん、「うまくいかなかったらどうしよう、つまらない奴って思われたくないな…」というマイナスの思考回路に陥ってしまい、「面倒くさい、今日はやめておこう」となってしまうのです。

 うまくいかないリスクやつまらないと思われる怖さが、ネガティブな感情を生んで行動を押さえつけてしまいます。つまらないと思われることは、アナウンサーとしての仕事の喪失に直結するわけで、入社したばかりの頃の私の最大の恐怖でした。

◆「日本一絡みにくいアナウンサー」とゲストに言われた 入社直後の新人挨拶で何か面白いことを言わなければ…というプレッシャーと焦りから『1、2、3、ダァーッ!!』と絶叫してその場にいた全員からドン引きされたのが始まりで、恐怖が空回りしたことによる失敗談は山のようにあります。