タイソンの豪快パンチに米ファン「地球上最凶の男」

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)に元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏(ともに米国)とのエキシビションマッチに臨む。週末のリング復帰を前に、タイソンが激しくミット打ちをする動画を米メディアが公開。パンチを受けるトレーナーを押し込むほどの迫力に、米ファンからは「絶対にパンチをもらいたくない男」「ロイが気の毒だ」などと反響が寄せられている。

 54歳とは思えない、キレのある動きだ。リング上でのタイソンのミット打ちを、様々な角度から捉えた映像。時折唸り声を上げながら、トレーナーへ向け、猛烈に左右の拳をぶん回している。大きな音を鳴らしているパンチは、威力、速さともに凄まじい。ロープに寄り掛かってミットを構えるトレーナーも一苦労の様子だ。

 週末のリング復帰を控えるタイソン。米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」は、過去に公開されていた映像を集め、まとめた動画を公式インスタグラムで公開。投稿の文面には「15年間で初めて、マイク・タイソンにとってのファイトウィーク」とつづられている。

 ド迫力の動画を見た米ファンからは「これは興味深い試合になりそうだ」「ロイ・ジョーンズJr.は感謝祭を楽しんだ方が良い。多分彼にとって最後になるだろうからね」「信じられない」「絶対にパンチをもらいたくない男」「ロイが気の毒だ」「地球上最凶の男」などと反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)