今年8月、英国発のベビー&キッズ・マタニティブランド「ジョジョ ママン ベベ」の“秋冬2020キャンペーン”の顔に、ダウン症を患う2歳のエレノア・マントンちゃん(Eleanor Manton)が起用されたことをお伝えした。そのイギリスから今度は、昨年にモデルデビューしたアルビノ(先天性色素欠乏症)のきょうだいの話題が飛び込んできた。『Mirror』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

「障がいがあったり、アルビノ(先天性色素欠乏症)や白斑症であったり、トランスジェンダーやノンバイナリー(女性にも男性にも当てはまらない)である人は、なぜモデルに起用されないのか。モデルにも多様性を反映させるべき」―そんな声から2017年に誕生したイギリスのモデル事務所「ゼべディ・マネジメント(Zebedee Management)」。これまでに500人以上がモデルとして活動し、モデル業界の革新的な存在として注目を浴びている。

そんなゼベディ・マネジメントから昨春、英マンチェスターのゴードンに住むアルビノの長男セム君(Shem、16)と長女ノラちゃん(Nora、10)、そして次男のエズラ・ジョセフ君(Ezra Joseph、13)の3きょうだいがモデルとしてデビューした。

3きょうだいとはいえ、セム君とノラちゃんはメラニン色素が欠乏しているアルビノのため肌は白く金髪で、両親と同じ茶褐色の肌を持つエズラくんとは違う。外見が異なる3人が一緒にいると、じっと見られることは珍しくないそうで、末っ子のノラちゃんはアルビノであることをからかわれ、酷いいじめにもあってきた。

そんな3人をインクルージョン(包括)とダイバーシティ(多様性)を売りにする「ゼベディ・マネジメント」に登録したのは母親のマリアさん(42)で、「アルビノへの偏見が少しでもなくなれば」と子供たちを送り出した。

マリアさんは「『セムとノラは、エズラときょうだいだ』と言っても信じない人もいるわ。きょうだいで外出すればジロジロ見られるし、ノラはいじめられてよく泣いて帰ってきていたの。そんな状況を変えたくて、モデル事務所に登録したのよ」と明かすと、子供たちについてこう語った。

「モデルとしての子供たちの活躍は目覚ましいものがあるわ。3人はスポーツブランド『ナイキ(Nike)』、アイルランド発のファストファッション『PRIMARK(プライマーク)』、ノラに至ってはファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』のイタリア版に起用されたの。」

「これまで表舞台に立つことがなかった3人が、アルビノの代表としてランウェイを歩こうというのだから素晴らしいことよ。子供たちは多くの人をインスパイアし、勇気を与え、“美しさ”の定義を変えようとしているの。」

「子供たちには『人と違うからできない』ではなく『やりたいと思えばどんなことだってできるんだ』ということに気付いてもらいたい。だってあの子たちはアルビノを武器に闘うことができるんだもの。」

実はマリアさんの男きょうだいがアルビノだそうで、マリアさんはチャリティ団体「アルビノの声(Voice of Albinism)」を立ち上げ、アルビノへの支援や偏見撲滅のための活動も始めているそうだ。

一方のセム君だが「モデルを始める前は躊躇してできなかったことがたくさんあった。でも今は新しいことにトライしたいと思えるようになったんだ」と、モデルを始めたことで前向きになったことを嬉しそうに語った。またノラちゃんは「外見で人を判断していじめるのは止めるべき。肌が白くても、黒くても関係ないと思う。だっていじめられたら嫌な気持ちになるもの」と10歳のストレートな気持ちを明かした。

なおゼベディ・マネジメントのSNSに投稿された3人の写真には「ゴージャスよ」「本当に美しいと思う」「もっともっといろんなモデルがいていいと思う」「このモデル事務所の方向性は素晴らしい。とてもユニークで引き込まれるよ」「今後も注目しておくよ」といったポジティブなコメントが寄せられている。画像は『Zebedee Management 2019年6月7日付Instagram「We Are Family.」、2019年3月12日付Instagram「You just know this family are destined for great things!」、2020年6月8日付Instagram「FAMILY- SUPPORT SYSTEMS.」、2020年9月10日付Instagram「This is NORA.」、2020年7月31日付Instagram「THIS IS SHEM & NORA by @julia_fullertonbatten」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)