おはようございます。大阪でエステサロン「private salon Laule’a」を経営する、美容家の寒川あゆみです。

気温が下がる秋冬は肩がキュッとすくんだり、前かがみになって体が丸くなりがち。その結果バストラインが垂れたように見えてしまい、ハリ感がなくメリハリのないボディラインになってしまいます。

そこで今日は、寒い季節でも油断せず意識したい「バストライン」をキレイに見せるコツをご紹介します。

垂れて見えない!バストアップして見える姿勢の作り方&マッサージ

まずは「姿勢」をチェック

バスト自体は脂肪でできていますが、周辺にある筋肉によって支えられています。姿勢の歪みや猫背、運動不足によって胸を支える「大胸筋」がかたくなることで、バストが垂れたように見えたり、ハリ感やメリハリを失ってしまいます。

キレイなバストラインを作るためにまずは「姿勢」を意識しましょう。

写真左のように、顔がうつむいて、猫背になり肩が前に出た「悪い姿勢」になっていませんか?

バストをキレイに見せるためには、右側の姿勢のように腹筋を引き締めて背筋を伸ばし、少し肩を後ろに引いてデコルテラインを開き「良い姿勢」を意識をしましょう。

姿勢を良くする!簡単トレーニング

まず壁にかかと、腰、肩をつけて、腹筋を引き締めて立ち、手のひらを合わせて頭上に向かって腕をまっすぐ伸ばし、深呼吸しながら10秒キープします。

手の平は仰向けのまま、肩の力を抜いて腕をおろします。鎖骨がまっすぐになるよう意識し10秒キープします。

胸の前で手のひらを合わせ、肩の力を抜き、少し後ろに引き肩甲骨を寄せ10秒キープします。

この一連のトレーニングで、バストがきれいに見える姿勢が整いやすくなります。

ほぐれるマッサージでバストアップ

脇に指を当て、脇のリンパを約30秒グリグリともみほぐします。

次に大胸筋をつかみ、約30秒もみほぐします。

肋骨に手を回し、骨のあいだに指を置き、前後に動かしながら筋膜をほぐします。

胸のあいだに手を置き、胸の下をとおり、大胸筋をほぐして「お椀型」を作るように形を整えます。

ブラの付け方も大切!

ブラジャーをつける時は、右手で右胸を持ち上げ、左手で肋骨、脇の下に逃げた胸を寄せ集めるように持ってきて、デコルテにふわっとのせるように置きましょう。

逆側も左手で左胸を持ち上げ、左手で肋骨、脇の下に逃げた胸を寄せ集めるように持ってきて、デコルテにふわっとのせるように置きます。

まとめ

バストがキレイに見えるために意識することは日々の姿勢を整えることバストを支える筋肉をほぐすことブラジャーを正しく付けること

この3つです。これだけでハリ感のあるバストラインを作ることができるので、ぜひ今日から意識してみてくださいね!

☆この連載は<木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!