「朝せっかく早起きして丁寧にスタイリングしたのに夕方には跡形もなくなってる…」

なんてことありませんか?

せっかくちゃんとセットしたんだから1日中保ちたいですよね!

そこで今回は、ハネや寝癖の原因とスタイリングのコツ、スタイリング剤の特徴をご紹介します。

原因やコツを押さえることで夜までキープ力抜群なのに朝はいつもより短い時間でセット出来るようになるかも!?

髪のハネの原因

一般的には髪のハネは、湿度の変化が原因と思っている方が多いでしょうが、他にも様々な要因が考えられます。

パーマやカラーリングをすると、髪がはねやすくなると思いますが、ハネの原因は髪のダメージによる場合があります。

カラー剤や紫外線などによる頭皮のダメージは、キューティクルを損傷させてしまいます。

キューティクルが水分を失うと、髪がはねやすくなったり、広がりやすくなります。

髪のハネが目立って来たと思う方は、一度自分の髪の状態を確かめてみると良いでしょう。

どうしてハネを直しても戻ってしまうの?

くせ毛の人の場合は、元々毛根がねじれていることが多いため、しっかりセットしたとしてもハネが戻ってしまうことがあります。

直毛に比べると、くせ毛の場合は髪に歪みがあるため、キューティクルが傷つきやすいといわれています。

特に、くせ毛は湿気の変化で水分を吸収しやすいので、朝に髪をセットしても乾燥や湿気により、髪の毛が湿気を吸収してくせが強くなり、ハネを戻してしまうことになります。

戻りにくい直し方

セットしても直ぐにハネが戻ってしまう方は、スタイリングの際にブローで髪をしっかり乾かすことが大事です。

ドライヤーを使うときは、熱風を当てすぎると髪の負担が大きくなるので、直したハネが戻りやすくなります。

ブローのポイントは、できるだけ髪に負担を与えないよう冷風で乾かすことです。

冷風を使って乾かすことで、髪のダメージを少なくするので、スタイリング後のハネの戻りを抑えてくれます。

また、頭皮にしっかり栄養を届けることもハネを抑えるためには重要な要素ですので、普段から食生活を整えて、髪に栄養を届けやすい環境を作るようにしていきましょう。

寝癖直し

ポイントだけ直したいとき

直したい部分が一部であるときは、髪全体は濡らさず、ポイントをしっかり濡らしてドライヤーをしましょう。根元からくせがついているとき

地肌のあたりから濡らして下さい。手を濡らして髪に付けてもいいですし、スプレーや霧吹きなどがあると簡単にできます。

とれかけたパーマを出したい!

とれかけたパーマのカールを上手に復活させる方法をご紹介します。

1.パーマ部分を濡らします。
2.濡らしたら下からしっかり上にもみこみます。
3.しっかりパーマが出てきたら、くずさぬように手で髪を持ちながら、ドライヤーで乾かします。
4.最後にワックスを下から上にもみこみます。下から上に握るようにしてもみこむのがポイントです。

濡らしてそのあとにムースをつけ、ドライヤーで乾かしてワックスをつけるのでも大丈夫です。

トップのボリュームUP方法

トップにボリュームを出したいときの簡単時短テクをご紹介します!

1.ボリュームを出したいところを濡らします。(前髪の上やつむじ)

2.ドライヤーで下から上に(根元に)風を当てます。
このとき、ドライヤーを当ててからすぐ髪をおろさず、熱が冷めるまで持ち上げるのがポイントです。

3.最後に髪の根元にワックスをつけて2と同じように下から上に向かってドライヤーをあて、髪をもちあげてスプレーすればベストです。

スタイリングのコツをしっかり覚えて、時間が無い朝でもヘアスタイルを楽しみましょう!

カールキープ用スプレーがベタベタになってしまうのはなぜ?

ヘアスプレーを使う以上、多少髪がベタベタになってしまうのは仕方ないことです。

しかし、明らかにベタベタで清潔感が無くなっているときは、ヘアスプレーの使い方が間違っているといえます。

その間違ったヘアスプレーの使い方の一つに、スプレーのつけすぎがあります。

セット力をあげたいからとスプレーを過剰につけると、もちろん髪はベタベタになってしまいます。

また、スプレーのつけすぎはキープ力も下がってしまう時があるのです。

なぜかと言うと、スプレーをたくさん髪のつけると、髪は重くなってしまいます。

髪が重くなると、ふんわりとカールがかかっていても、重力によって髪が垂れ下がってしまいます。

結果的に、髪がベタベタになるだけでなく、キープ力が無くなってしまうのです。

そして、スプレーを使う時、気になる箇所をピンポイントでスプレーをつけてはいませんか?

スプレーをピンポイントで吹きかけると、ムラが出来てしまいキレイにセットは出来ません。

また、ピンポイントでつけると、つけた箇所だけベタベタになってしまいます。

カールキープ用スプレーの正しい使い方とは

カールキープ用スプレーの正しい使い方を説明します。

まず、スプレーを髪の毛から20センチ離して使います。

この時、全体に円を描くそうに吹きかけます。

サーと霧状のスプレーを、カール全体に吹きかける事を意識してください。

持続力を高めたい方は、スプレーをたくさんつけるよりも、セット力の高い固めのスプレーを使うことをオススメします。

まとめ

スプレーをつけすぎると、髪がベタベタになる以外にも色々とデメリットがあります。

僅かですが、スプレーが髪にしみこんでしまいます。

毎日スプレーを髪につけると、髪がベタベタになってしまいます。

髪のしみこんだスプレーの成分は、髪にとって汚れであり不純物なのです。

そうなると、髪質が重くなりコテを使ってもキレイなカールが出来なくなります。

そのため、セットがしづらくなってしまいます。

さらに不純物がついているために、シャンプーの泡立ちも悪くなってしまいます。

スプレーが髪にしみこんでしまうと、なかなかとれなくなってしまうのです。

キレイな髪質を守るためにも、ヘアスプレーの使用量には気を付けてください。