JR東海が、山梨リニア実験線で2020年8月から走行試験を行っているL0系改良型試験車。形状のみならず、客室がサイバーだったり上品だったり、攻めた形で既存のL0系から大進化していました。

提案されていた「リニア時代、未来の新幹線」

 JR東海が2020年8月に走行試験を開始したばかりである、最新型の超電導リニアモーターカー「L0系 改良型試験車」。2020年10月19日(月)、これに乗車して、「進化した500km/hの世界」を体験してきました。

 従来形のL0系と比較して外見が変化し空気抵抗や消費電力、騒音の低減なども図られていますが、特に「進化」が印象的だったのは「車内」です。


L0系の改良型試験車(2020年10月19日、恵 知仁撮影)。

 既存のL0系客室は、東海道新幹線の車両の延長線上にあるような雰囲気で、造形も比較的シンプルに見えました。

 それがL0系改良型試験車では、大きく違うのです。「リニア時代、未来の新幹線」の客室が提案されていました。

 ちなみにL0系改良型試験車は今回、発車から約2分40秒で500km/hに達しています。

これが未来の新幹線!? サイバーな車両と高級な車両

 話を戻し、L0系改良型試験車で行われていた客室の提案。

「荷物は座席の下に置く」という新たなスタイルと、座面下に荷物が動いてしまうのを抑えるネットを備えた座席(頭上の荷棚、大型荷物置き場もあり)。座席の回転も、座席下の荷物スペースを確保するため、東海道新幹線と違いレバーが肘掛けにあります。

 座席の形状は、曲線的で包み込むよう。大きな「耳」がプライベート感を演出します。寝やすそうです。またテーブルは軽量化された金属製で、前席の背中から自席の肘掛けに移動されています。

 視覚的にも、メッシュ状の吸音ガラス素材を用い、無数の直線が前後方向に入ったような天井の中間車(6号車)、膜素材を活用して反射音を低減した天井の品川方先頭車(7号車)など、従来の新幹線とのつながりが希薄な、攻めたものに見えます。6号車はサイバー、未来的、7号車は上品、高級といった印象を持ちました。


山梨リニア実験線のL0系「搭乗口」(2020年10月19日、恵 知仁撮影)。

 長きにわたって走行試験を続けてきた超電導リニア。それがこのたび登場したL0系改良型試験車で、個人的な印象ですが、いよいよ内装についても本格的に比較検討し、詰めていく段階へ入った――そのデビューがまた一歩、確実に近づいたように思えました。

 ちなみにL0系改良型試験車では、新たに座席へUSBコンセントが備えられています。将来の需要などを考えたものだそうです。