こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。

 誰もが経験のある片思い。学生の頃ならば良い思い出となりますが、大人になってからの長期間の片思いは、少し厄介だったりします。今回は6年間片思いをしていた婚活女性のお話です。

◆片思いの相手を忘れるために結婚相談所に入った

「結婚相談所ではいいなと思える人がいなくて、半年活動しても2回目のデートまで行った相手はいませんでした」

 そう語る雅美さん(仮名・29歳)は、化粧っ気もなく、髪もボサっとしていて、地味な女性です。

 ただし、20代で結婚相談所に入会すれば若い部類。しかも有名大学工学部を大学院まで進み、現在は都内でエンジニアとして働き、同年代女性よりも年収が高いキャリアウーマン。人気会員のはずですが……。

「雅美さんならそれなりにお申込みはあったと思うのですが、なぜ2回目に進まなかったのですか?どんな人がいたとか、覚えていることあれば教えていただけますか?」
「う〜ん。そう聞かれると、相手のことはあまり覚えてないです。休みの日の過ごし方とかを聞かれたけれど、話してつまんなくて。私、実は好きな人がいて……」
「そうなんですね。職場の方ですか?」
「いや、大学院時代に同じゼミだった人です」

 なんと、雅美さんは6年も片思いをしていたのでした。院生時代に知り合った相手も現在は同じ業界の他社に就職し、西日本で働いているといいます。

◆6年前の素敵男子の幻想に恋をする

「向こうは彼女はいないの?卒業後も友達付き合いが続いているのでしょうか?」
「彼女がいるのか、怖くて聞けないです。私のことを友達と思っているんでしょうかね。向こうは、私の気持ちに気が付いているような気がするんです」

 何か思い当たる節があるのでしょうか?

「彼は出張が多いんです。以前石川県に長期出張に行っていた際、ホテル暮らしで暇だったったのか、いきなり『来ない?』と誘われたんです。それで、土日を使って急遽行ったことがあるんです」
「え! それって、都合よく扱われていませんか……?」
「そう思います。向こうは、私だったら来てくれると思って誘うんです。でも、昔は面白いし優しいし、面倒見だってよかったんですよ」

 今の話を聞くと、こちらの都合を全く考えておらず、優しさの欠片も感じません。その当時から大分変わっていそうですが……。

「石川県まで呼んでおいて、交通費は彼が出しているの?」
「いや、私も『石川いいね。行きたい』って言った手前、旅行のつもりで自腹で行きました」
「ええ! それで、会ったら何するの?」
「観光ですかね。あ、男女の関係はないですよ」

 完全に暇つぶし要員として扱われています…。そんな雅美さんが婚活する理由は「彼を忘れるため」でした。

「住んでいるのが遠方ですし、会えても年に数回。忘れた方がいい、他の大事にしてくれる人と付き合った方がいいと思って婚活してみましたが、彼と比べたらつまんなくて。どうしたら彼を忘れて幸せな恋愛をできるのでしょうか?」

◆男性を忘れるために他の男性を探さない

「婚活じゃなくて、その男性を振り向かせるために頑張ってみませんか?」
「できるんでしょうか?」
「まずは都合がいい女を脱却しなきゃ。暇つぶしで誘われても会いに行かないで。後は、再会した時にいい女って思われるように、まずは外見を磨きましょう」

 化粧っ気がないと思っていましたが、雅美さんのメイク時間はスキンケア含め5分! BBクリームとアイブローペンシルしか使っていない、超手抜きだったのです。「ナチュラルメイクのつもりでしたが、メイク時間5分って手抜きなんですね。ちゃんと習います」