【ソウル聯合ニュース】韓国の大法院(最高裁)は24日、集団で女性に性的暴行を加えた罪などに問われた歌手兼タレントのチョン・ジュニョン被告と男性バンド・FTISLAND(エフティーアイランド)の元メンバー、チェ・ジョンフン被告の判決公判で、チョン被告に懲役5年、チェ被告に懲役2年6カ月とした二審判決を支持し、刑が確定した。

 

 両被告は16年1月に江原道・洪川、同年3月に大邱で酒に酔った女性に集団で性的暴行を加えた罪で逮捕、起訴された。チョン被告は15年末、コミュニケーションアプリ「カカオトーク」のグループトークで隠し撮りしたわいせつ動画を転送するなど、11回にわたり違法な動画を流布した罪にも問われた。

 2人は公判で、一部の性的暴行について合意に基づく性関係だったと主張した。

 一審は被害者の陳述に信ぴょう性があるとしてチョン被告に懲役6年、チェ被告に懲役5年の判決を言い渡した。

 二審も一審と同じく2人の罪を全面的に認めたが、被害者と示談が成立した点などを考慮し、チョン被告に懲役5年、チェ被告に懲役2年6カ月の判決を言い渡した。