痛がる少女へブブリクが駆け寄る「大丈夫?」

 男子テニスのハンブルク・オープンでまさかの事態が起きた。現地時間22日に行われた1回戦でアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が勝利。サービスエースで試合を決めたが、これがボールガールの少女に直撃。痛がる少女に優しく話かけ、ボールをプレゼントする実際の動画をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。海外ファンからは「みんなが無事で何より!」「なぜ小さな子がコートにいるんだ?」などと反響が寄せられている。

 勝利の瞬間、冷や汗が流れた。マッチポイントでこの日17本目のサービスエースを強烈に決め、ガッツポーズのブブリク。しかし、すぐに異変に気付いた。向かい側のコートへ走り「大丈夫?」と声をかける。視線の先には胸を押さえる少女だ。ボールが直撃し、痛みに苦しんでいる。

 ボールガールをしていた少女がサーブを避けられなかったようで、ブブリクは目線を合わせて言葉を交わすと、持っていたボールをプレゼント。互いに拳を合わせ、肩に手を当てて話しかけていた。痛がっていた少女も頷き、無事であることが確認されたようだ。

 実際の動画をATP公式中継サイト「テニスTV」公式インスタグラムが公開。文面には「償い方。アレクサンダー・ブブリク、いいぞ」とつづっている。海外ファンからは「いいぞ、ブブリク」「みんなが無事で何より!」といったコメントや、「ブブリクがこれをやったら『いいぞ』。ジョコビッチだと『失格』」「大体なんでこんな小さな子がコートにいるんだ?」などといった疑問の声も寄せられていた。

 ブブリフはこの試合でアルベルト・ラモス(スペイン)に6-2、7-6でストレート勝ち。最後はまさかの事態となったが、2回戦進出を決めている。(THE ANSWER編集部)