コロナ感染拡大に伴う人の移動制限が徐々に解除され、9月19日から始まる4連休は久々にクルマで遠出を予定している人も多いだろう。いま、高速道路にあるSA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)は、単なる休憩ポイントではなく、敢えて立ち寄りたい人気スポットになっている。そんなSA/PAの進化の歴史と新潮流について、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】個性あふれる高速道路のSA・PA

 * * *
 高速道路にあるSAとPAには、レストランやフードコートが用意されています。最近では、どこのSAやPAにも、独自の凝った料理が用意されていますが、20年も時代をさかのぼれば、まったく状況が変わります。

 その昔の高速道路のSA/PAの料理は、どこに行ってもメニューと価格は同じで、さらに味までも同じだったのです。なんとなく同じではありません。定期的に検査が入り、厳格に味が統一されていたのです。これは、当時のSA/PAは日本道路公団という公的機関、つまりお役所が運営していたのが理由です。

 彼らとしてみれば、「全国、どこで利用しても均一。平等なサービスを提供する」という考えがあったのです。確かに、まだまだ自家用車が珍しい存在で、高速道路の利用もスタートしたばかりの時代には、そうした均一なサービスが求められていたのでしょう。しかし、バブルの好景気時代を経て、人々の舌が肥えてくればニーズも変化します。

 そんな日本道路公団に一大転機が訪れたのは、2005年の民営化です。ここで方針は一転。民間らしく、SAやPAごとに個性を出して競争しようとなったのです。ここから、徐々に食事の質は高まってゆきます。毎年のようにSAとPAの料理コンテストが開催され、料理人やスタッフのモチベーションも高まります。さらには、有名チェーン店やコンビニなどの参入も相次ぎ、気が付けば今のような大盛り上がりのSA/PAができあがってきたのです。

 そして競争が激しくなれば、当然のように個々のSAに個性を持たせるような傾向が強まるもの。その代表格と言えるのが、ほぼテーマパークと言える「鬼平江戸処(東北道・羽生PA上り)」と「寄居 星の王子さまPA(関越道・寄居PA上り)」でしょう。

 それぞれ「鬼平犯科帳」と「星の王子さま」という大人気小説をテーマにしており、凝った建物やグルメが用意されています。あまりの人気の高さに、常に混雑しているのが玉に瑕ですが、一度は覗いてみることをお勧めします。なんていっても無料ですからね。

 そこまで尖っていなくても地域の特性を生かしたSA/PAもあります。NEXCO中日本エリアの「NEOPASA(ネオパーサ)」やNEXCO東日本エリアの「ドラマチックエリア」などの呼び名で作られている施設です。

 また、駅ナカ施設のように、人気店を数多く揃えたSA/PAは、NEXCO中日本の「EXPASA(エクスパーサ)」やNEXCO東日本の「Pasar(パサール)」、NEXCO西日本の「PAVARIE(パヴェリエ)」の名称が与えられています。どこも、その施設だけのオリジナルや限定品となるグルメやお土産が数多く用意されているのが特徴です。観光やドライブなどで、どの施設に立ち寄ろうかと迷ったときは、こうした名称のあるSA/PAを選べば間違いないでしょう。

 ちなみに、高速道路のSA/PAを利用するのは、観光客だけではありません。流通のトラックや営業マンの運転手など、日々、働く人たちも高速道路のSA/PAを利用します。そういう人たちの目線に立てば、欲しいのは珍しいモノではなく、リーズナブルな定番の料理や商品です。

 そのため、上記のような、どちらかと観光客向けのSA/PAが増える一方で、逆にデイリーユース向けにしたPAも増えており、NEXCO東日本は、そうしたPAに「YASMOCCA(ヤスモッカ)」の名が与えられています。また、サービス施設は小さいけれど駐車場が広大というところはトラッカーの人気PAになっています。リーズナブルに食事を済ませたい人には、そうしたPAがお勧めです。

 今年は、あいにくのコロナ禍で、この春から夏にかけて高速道路の利用者が激減しました。その対策として、すべてのSA/PAでは、テーブルに飛沫防止のアクリル板を設置するなど、衛生面の対応を実施。グルメ系でいえば、テイクアウト・メニューの充実化にも努めています。春頃には、営業時間が短縮されるところも多かったのですが、夏以降、徐々に解除され、最近では通常営業に近い状態に戻ってきています。

 また、元公団なだけに、運営のスタンスは非常にロングスパン。コロナ禍での景気低迷があったといえども、定期的なリニューアルはしっかりと実施されています。

 直近でいえば東名・海老名SA(下り)、東北道・佐野SA(上り)、名神大津SA(下り)がリニューアルされており、設備がきれいになっているだけでなく、新たな店舗やサービスが追加されています。

 特に海老名SA(下り)は、利用者の多い全国屈指のSAですが、今年7月のリニューアルでお土産などを販売する店舗エリアが大幅に拡大。販売されるお土産類も、非常に力の入ったものとなっています。

 また、昨年にはNEXCO東日本最大級を誇る東北道・蓮田SA(上り)もリニューアルオープン。NEXCO中日本エリアとNEXCO東日本エリアの誇る巨大SAが2つ揃って新しくなっています。連休などでドライブすることがあれば、こうしたSA/PAに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。