7月のある日、都内のコンビニエンスストアで買い物をした体格のいい男性が現れた。元FUNKY MONKEY BABYSのボーカルで歌手のファンキー加藤(41才)である。水色のTシャツに短パン姿。ビニール袋をぶらさげて、傘をさして自宅に戻っていった。

【写真15枚】ピチピチのTシャツを着たファンキー加藤。真横から撮影

 店内で、加藤を見たという30代の男性客は、「『鬼ころし』という日本酒を買われていました。東京ドームで解散コンサートをされたぐらいの超有名人なのに、僕らと同じ庶民的なお酒を買われていて、めっちゃ親近感が湧きました」と、うれしそうに語った。加藤を知る音楽関係者が語る。

「あの一件以来、加藤さんは派手に飲み歩く私生活を改めたんですよ。近年は、外で飲むことは激減しているはずです。新型コロナウイルスによる自粛生活もあるでしょうが、最近は自宅で飲むなど、すっかり庶民派ですよ」

“あの一件”とは、2014年末に、友人だったお笑いコンビのアンタッチャブル柴田英嗣(45才)の妻・Aさんとダブル不倫をしたスキャンダルだ。

 柴田夫婦はそれが原因で2015年の5月に離婚。そればかりか、そのAさんが加藤の子どもを妊娠していたことも発覚。加藤は妻に全てを話し、最終的にはAさんがシングルマザーとして2016年6月に出産。加藤は認知し、多額の養育費を支払うことで決着した。

 当時の加藤は、会見で「一生かけて償っていこうと思います」と謝罪するも、世間からは大バッシングを食らった。

 ただ、妻とはしっかり修復したのだろう。翌2017年2月には第2子が誕生。さらに、今年5月には双子も誕生した。

 幸せを取り戻したからこそだろう。同じ東京・八王子出身のお笑いコンビ、アンジャッシュ渡部建(47才)の“多目的トイレ不倫”が暴露された直後、7月1日放送の「ホンマでっか!? TV2時間SP」に、八王子出身タレントとして、渡部の相方・児嶋一哉(48才)らとゲスト出演した。MCの明石家さんま(65才)と同郷の先輩・ヒロミ(55才)からイジられても、「今日は児島さんの次に憂鬱です」とボヤいたり、一転「渡部!! 生きろー!! 死ぬなー!」と絶叫するなど、自虐ネタでスタジオ内を大爆笑させた。
 
 前出の音楽関係者は加藤への期待を込めて、こうエールを送った。

「ネタにできているのは家庭を修復できた証でしょう。私生活も落ち着いてきたので、そろそろまたヒット曲を作り出してほしいですね」