手間と時間がかかる料理として、ツイッターで話題になっている「餃子」。たしかに複数の材料を切って混ぜて、皮に包んで......と楽ではありません。コンビニやスーパーで買えるお手頃な「冷凍餃子」を活用しているという声も多数上がっています。

そこで記者が今回注目したのは、「大容量」「安い」「簡単調理」の3拍子そろった「業務スーパー」の冷凍餃子です。

1個あたり約8円

「業務スーパーの冷凍餃子有能すぎる 200円で30個入りだしそこそこおいしい」

「業務スーパーの冷凍の水餃子好き」

「業務スーパーで買った方が断然安いし普通にうまい」

「業務スーパーのニラ餃子好き」

ツイッターでこんな声が寄せられているのを知り、都内の業務スーパーを訪れた記者。冷凍食品コーナーで複数の冷凍餃子を見つけました。

・京醍醐味噌 ニラ餃子(30個・235円)

・京醍醐味噌 肉肉餃子(30個・235円)

・豚肉餃子(500g・321円)

・三鮮水餃子(500g・354円)

・鶏皮ぎょうざ(500g・537円)

この中から、記者はオーソドックスかつ安い「ニラ餃子」を購入。

30個入りで235円なので、1個あたり約8円です。

パッケージ裏に焼き方、蒸し方、揚げ方が書かれています。今回記者が作るのは焼き餃子。中火で熱したフライパンに油(小さじ2杯)をひき、餃子を入れます。中火で焼き目をつけた後、水(大さじ3杯)を入れ、蓋をして中火で2〜3分蒸し焼きにします。蓋を取り、水がなくなればできあがりです(作り方は8〜10個を想定)。

皮はもちもち。手作りする時は中具が多いと包むのが難しい餃子ですが、この餃子は中具もたっぷり入っていて、食べ応えがあります。やや小ぶりなサイズ感も食べやすくてよかったです。

お手軽餃子を求めているみなさん、業務スーパーに足を運んではいかが?

※価格は編集部調べ