日本人は「家」に殺される!? 本記事は、健康住宅について衝撃の真実を暴いた杉山義博氏の著書『“健康住宅”のウソ・ホント』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

ハウスメーカーや工務店の「健康住宅」に騙されるな!

近年、多くの工務店やハウスメーカーが「健康住宅」を売りに住宅を販売するようにな
りました。

健康住宅というと、以前は木材や漆喰(しっくい)などの自然素材を使った家というイメージがありましたが、最近では多くの場合「高気密・高断熱住宅」を意味しています。

高気密・高断熱住宅とは、すき間風が入ってこない高い気密性と、断熱材や特殊な工法による高い断熱性能によって、室温が屋外の影響を受けないようにつくられた家のことで
す。

高気密・高断熱住宅は、夏は涼しく、冬は暖かく快適で、省エネルギー効果があって耐久性にも優れています。日本においては、もともと寒さに厳しい北海道から広まった家づくりの方法で、たとえ外がマイナス10°C以下の極寒でも、快適な室温を保つことができます。

ハウスメーカーや工務店は、「暑さや寒さを感じず、一年を通じて快適です」「冬、朝起きるのがつらくなくなります」「ハウスダストやヒートショックに悩まされず、家族みんなが健康的に過ごすことができます」「断熱性能が高いので光熱費が下がり、お財布にもやさしい住宅です」などと、高気密・高断熱住宅のメリットをさかんに押し出しています。

もちろんこれらは、高気密・高断熱住宅ならではのすばらしいポイントです。

しかし、残念ながら日本の高気密・高断熱住宅の歴史はまだ浅く、基準を満たしていないニセモノも数多く存在します。

肝心のハウスメーカーや工務店も、とにかく売ってしまえばいいという意識が先立つばかりに、自社の住まいの特徴すら分かっていないまま適当な営業トークをする悪質な社員がいるところも決して少なくありません。

家を買おうとする人々にとっては、目の前の高気密・高断熱住宅がニセモノか本物かを判別するのは至難の業です。住まいのプロがいうのだからちゃんとしているんだろうと、すすめられるがままに購入してしまうケースも多々あります。

気がつかないうちに「カビ」が発生していることも…

こうしてニセモノの高気密・高断熱住宅を買ってしまった人は、住んでしばらくしてか
ら、さまざまなトラブルに見舞われることになります。

よくあるケースは、次のような展開です。

・床下や壁の中に結露ができやすく、気がつかないうちにカビが発生。家の木材が腐ってシロアリ被害に遭い、やむを得ず、殺虫剤を使用したり、建て直しを余儀なくされた。

・高‌気密だが、換気システムのメンテナンス不良によるフィルターの目詰まりで十分な換気ができず、室内の空気が循環しにくい。空気がよどんで二酸化炭素濃度が異常に高くなって気分が悪くなったり、ハウスダストによるアレルギーに悩まされている。

・断熱材や窓のサッシの性能が低いため、家の中の暖かい場所と肌寒い場所の差が激しい。そのためヒートショック問題が解消せず、冬につらい思いをしている。

・デザイン性を重視して各部屋の窓を広くとっているため、断熱性能が著しく悪い。

快適性と家族の健康のために高いお金をかけて高気密・高断熱住宅にしたというのに、住みづらさを感じて健康を害してしまっては本末転倒です。

健康を害してしまう部屋になっていないか?

どのようなシステムかを理解しないまま、高気密・高断熱という言葉を信じて家を建ててしまうと、思わぬ後悔や無用なトラブルを招いてしまうことになります。

2020年には、国が定めた省エネルギー基準が義務化され、高気密・高断熱の基準を満たさない新築物件は建てられなくなります(編集部注:省エネ基準の義務化は、延期されました)。

しかし、家を建てる側がよく見極めないと、名ばかりの「健康住宅」「高気密・高断熱住宅」を高額で購入して泣きを見てしまうかもしれません。

カビの発生により、家と人の健康を著しく損ねる

そもそも、昔から日本の家は冬には寒く、夏は暑いのが当たり前でした。

鎌倉時代の法師・吉田兼好は、『徒然草』で「家の作りやうは、夏を旨(むね)とすべし」と記しています。日本の夏は高温多湿で、ジメジメした蒸し暑さです。ひどい暑さで家の土台や柱などが腐らないようにするために、古来より日本人は床を高くして窓を大きくとり、間取りは風通しを第一に考えてつくられてきました。法師のいうように、家のつくりは夏に合わせるべきであり、逆に冬の寒さはひたすら我慢すべきだということが当然のこととされてきたのです。

日本古来の茅葺(かやぶ)き屋根の住まいを見ると、遮熱効果のある屋根と気化熱冷却効果で、夏の蒸し暑さや湿気などを防ぎ、かつ室温を下げる風通しのいい構造になっています。また、風通しをよくすることは、家に使われている木材をカビや木材を腐らせる「腐朽(ふきゅう)菌」から防ぐための知恵でもありました。

そして冬は、断熱効果の高い屋根で放射冷却を防ぎ、採暖で過ごすというのが古くからの伝統でした。つまり、輻射熱をたくみに利用し、寝具や着衣の量を季節ごとに変えるウォームビズの生活を確立していたのです。

そんな、季節に応じて衣替えするだけの日本の家づくりに革命的な変化をもたらしたのが、高気密・高断熱住宅です。

今からおよそ年前、復興の真っ只中にあった戦後の日本は住まいを増産。とにかく雨風をしのげればよく、すき間だらけの家がほとんどでした。当時は断熱材などありませんから、夏は暑く冬は寒い「エネルギー垂れ流し住宅」というべきものでした。

その後1970年代に原油価格が高騰してオイルショックと称された経済混乱が起き、日本は省エネ社会の実現に向けて取り組みを始めました。断熱が重視され、ようやく日本の住宅にも、省エネルギー効果を期待してグラスウールなどの断熱材が使われるようになります。グラスウールはガラスの短繊維を綿状にしたもので、価格が安いだけでなく簡単に施工できることから、現在も多くの家づくりに用いられています。

これらの断熱材によって開口部の高断熱化・気密化が進み、省エネかつ断熱性能が向上した「冬暖かくて夏涼しい家」がつくられるようになってきました。

従来では考えられなかった、換気不足による結露の発生

しかし、高気密・高断熱住宅が一般的に普及した一方で、従来では考えられなかった問題が発生するようになりました。トラブルの一つが、換気不足による結露の発生です。先ほど述べたように、昔の日本の家はすき間風が多かったので、何もしなくても室内の空気はすぐに入れ替わっていました(圧力差換気)。しかし、高気密化してすき間がなくなり、かつ換気システムが不十分で空気の入れ替わりが悪くなると、室内で発生した水蒸気や人の呼吸で発生する水蒸気が行き場をなくし、家の中に湿気がたまりやすくなります。そして室内に少しでも温度差ができれば、その部分に結露が発生しやすくなってしまったのです。

結露とは、水蒸気を含んだ空気が露点温度より冷えることによって発生する現象です。

例えば、自動販売機で買った冷えたペットボトル入りの飲みものをバッグに入れてしばらくすると、ペットボトルに水滴がたくさんついて、バッグの中が濡れることがあります。

これが結露です。

暖かい空気は豊富な水分を含むことができますが、だんだん温度が下がって空気が冷えると、水分は空気の中から水になって出てきます。この現象が家の中で起こると、暖かい空気が窓や壁、木材に触れて冷やされ、結露になって水滴が付着する状態となるのです。

カビは、結露によって生じる濡れてジメジメした場所が大好きです。風通しが悪くて湿度が高い場所は、カビの格好の繁殖場所になります。風呂場や洗面所、キッチンの水回り周辺のほか、性能の悪い窓や押し入れなどにも発生しやすくなります。

また、エアコンで冷房や除湿運転をしているとエアコンの内部や冷風があたる壁面などは湿気だらけで濡れた状態になり、結露しやすくなります。エアコンの内部にカビが繁殖すると、部屋中にカビの胞子が飛び散る原因になってしまいます。

免疫力の弱い、赤ちゃんや子ども、高齢者がカビに…

窓や壁、押し入れなどに起こる結露を「表面結露」といいますが、壁の中に起こる「内部結露」もあります。

水蒸気が壁の中で水滴に変わる(内部結露)と、それを壁の中にある断熱材が吸い取って、カビの発生につながり、木が腐る原因となります。

断熱材の中でも特によく使われているグラスウールは、吸水率が高いため、水を吸うと黒カビ発生の原因になりやすいので、取り扱いや施工上で結露発生防止策が必要です。

家の天井が黒くなっていてカビくさいので壁をはがしてみると、グラスウールが湿気を吸い、濡れてしまったことでカビが発生していたというのを、よく見受けます。

それだけでなく、内部結露は木材の腐食や金属のサビの原因になって、シロアリの発生を招きやすくなり、家の耐久性を著しく損ねてしまいます。

カビは、一般的には無害なのですが、体調によっては健康にも多大な影響を及ぼします。カビによる健康被害で非常に多いのが、カビの胞子がアレルギーの原因になるぜんそくやアレルギー性鼻炎です。

アレルギー性鼻炎の発生は、アレルゲン(アレルギーの原因物質)の量に関係します。部屋の中にカビが増殖していて、その胞子が常に室内を漂っている状態であれば、カビがアレルゲンになってぜんそくやアレルギー性鼻炎になる可能性は非常に高くなります。

なお、カビが目に見える状態で室内に存在するということは、実は周囲に相当な量のカビが飛んでいて、広く行き渡っている証拠で、健康には非常によくない状態です。普通の家なら、ハウスダスト(ホコリ)1グラムあたり数十万個の胞子が存在しており、多い家になると1億個を超えることがあります。

生まれたばかりでまだ免疫力の弱い赤ちゃんや子ども、主婦や高齢者は、1日の多くの時間を室内で過ごすことになります。室内がカビの胞子で汚染されている状況では、家で過ごしているだけで、ぜんそくやアレルギー性鼻炎のリスクにさらされてしまうのです。そして家族の健康を支える存在であるお母さんも、不健康な家でずっと家事や育児をしていては身体が弱り、副鼻腔や肺の中でカビが増殖してしまい、精神的にも参ってしまうでしょう。

夏風邪の原因は、エアコン内部の「カビ」だった?

近年では、毎年夏になると風邪のような症状が出て咳をくり返す「夏型過敏性肺炎」が問題になっています。

夏型過敏性肺炎は、病院でも単なる夏風邪だと誤診されやすいのですが、原因はカビの一種である「トリコスポロン」です。トリコスポロンは湿気を好み、いたる所に潜んでいるため、そんな家の中で生活し続けると、肺が委縮して呼吸困難に陥り、命にかかわることさえあります。

夏型過敏性肺炎の原因であるトリコスポロンは、湿り気のあるエアコン内部に増殖しやすい特徴があり、不潔な水道の蛇口にも多く潜んでいます。

エアコンをつけるたびにトリコスポロンの胞子が飛び散るので、体は常にカビアレルゲンにさらされ、ずっと症状に悩まされることになるのです。

「ダニの住む家」は常温多湿の環境が誘発する

以前はシックハウス症候群というと、家を建てる時に使う建材や家具に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が原因の健康被害というイメージがありました。しかし、これらの化学物質は2003年の建築基準法の改正によって使用が制限され、以前よりも被害が著しく少なくなりました。

むしろ、近年のシックハウスは薬剤使用が少ないため、カビやダニによる空気汚染が原因になっています。

カビと同様、ダニは人の住む常温多湿の環境で多発します。

高気密・高断熱、かつ通気性が非常に悪いジメジメした部屋は、ダニの恰好の繁殖場所になります。

室内のダニが、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの原因物質であることは、1960年代以降にようやく分かってきました。

特に未成年、および代以降の高齢者はダニアレルギーによるぜんそくになりやすくなるといわれており、家庭内のダニ発生は大きな問題です。

家の中に最も多く生息するのが、チリダニです。

チリダニの仲間であるヤケヒョウダニ・コナヒョウヒダニは、生息に必要な人のフケやアカの多い不潔な住まいで繁殖します。抜け殻やフン、死がいは空気中に漂い、人が住む家のホコリや、ダニが侵入した小麦粉などの粉製品は、アレルゲンの巣窟です。これらを吸い込むうちに、アレルギー性ぜんそくや皮膚炎、結膜炎、そして命をも脅かすアナフィラキシーショックを引き起こすことにもつながります。

「換気できない家」が頭痛、睡眠障害の原因になる

高気密・高断熱住宅は、建物のすき間が小さいので、自然に新鮮な空気は流れ込みません。

一方、シックハウス症候群対策として2003年から「2時間で室内の空気がすべて入れ替わる換気設備の設置」が義務づけられるようになりました。

各室に換気扇、またはそれに相当する機能を持つ換気口をつける必要があり、換気扇は基本的には時間ずっと回し続けないといけません。 

しかし、この換気設備をオフにしてしまったり、そもそも設備が不十分で換気がきちんと行われていないなどの理由で、基準を満たさない家は多くあります。

「二酸化炭素の蓄積」で心身ともにボロボロに…?

また、家を建てる時に、ハウスメーカーや工務店は定められた換気容量に基づいて換気計画を立てなければならないのですが、ひどい場合になると単にレンジフードの換気扇を回しっぱなしにするだけの状態を換気計画といい張る会社もあります。

さらには、換気システムの大切さと正しい使い方をハウスメーカーや工務店が施主に伝えていないため、そもそも換気設備が使われていなかったり、間違った使い方をされている場合も多々あります。「音がうるさいから」「電気代がかかるから」などの理由で、換気をしていないケースも目立ちます。こうした換気の不十分さから、カビやダニが原因のシックハウス症候群になってしまいます。

例えばビルや新幹線などは綿密な計算のもとに換気計画を立て空調換気設備を設けていますが、住宅の場合はそれがありません。行政の指導もないので、野放し状態です。また、意外な盲点になっているのが、換気不足による二酸化炭素の蓄積です。

人間は呼吸によって酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出しますが、換気が不十分なために室内の二酸化炭素の濃度が高くなり、知らず知らずのうちに健康がむしばまれているケースがあります。

高気密、かつ換気が不十分な家に住んでいて、ひどい眠気やにぶい頭痛におそわれたり、夜寝ている時に息苦しさを感じたり、睡眠障害を引き起こす人は少なくありません。

しかし、原因まではわからず「なんだか眠いな」「寝苦しいな」と感じるだけで、気づかない人が大半なのです。

 酸欠状態を起こさない限り、二酸化炭素の濃度が高いからといってすぐに何らかの病気になることはありませんが、あまりに二酸化炭素が高濃度な部屋で毎日を過ごしていたら、先述した障害が日常になり、確実に心身に影響を及ぼしてしまうのは間違いありません。

日本で入浴中に死亡した人は、年間およそ1万7000人

ヒートショック現象とは、暖房がきいている暖かい部屋から息が白くなるような寒い部屋へ移動した時などの急激な温度差によって、血圧が上下して心臓や血管に負担がかかる状態のことです。

部屋ごとの温度差が10°C以上になるとヒートショックが起こりやすくなるといわれ、寒い冬の発生率が非常に高いのが日本家屋の特徴です。

特に真冬の入浴時は、暖かい部屋から寒い脱衣所に移動して裸になると、鳥肌が立ち、体の熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上昇します。その状態でお湯につかると、今度は全身の毛細血管が広がり血圧が下がるという、さらなる血圧変動が起こるのです。

普通の人なら問題はありませんが、高齢者や心臓に持病を抱えている人には負担が大きく、体が急激な温度変化に耐えることができません。時には脳卒中や脳血管疾患、心筋梗塞など、生命にかかわる事故につながり、1人暮らしの場合は溺死のリスクが高まります。

日本で入浴中に死亡した人の数は、年間およそ1万7000人に達しています。その主な原因はヒートショックなどによる溺死です。2017年の交通事故による全国の死亡者数が3694人なので、約4.6倍もの人が浴室で亡くなっていることになります。

しかも、この死亡者数には、救急搬送後に病院で脳血栓や心筋梗塞などで亡くなった場合は含まれていないため、実際のヒートショックによる死亡者数はもっと多いと推測されます。

室温が一定の住宅なら、ヒートショックとは無縁だと思っている人は多いでしょう。

しかし、実際に高気密・高断熱住宅に住んでみたら、想像以上に断熱性能が悪くて部屋ごとの温度差があり、寒さに悩まされているという人は大勢います。

また、家の断熱性能が悪く適切に換気がされていない場合、夏に起こる熱中症も非常に危険です。

熱中症は、高温多湿の状況で体内の水分が不足し、体温調節ができなくなることで起こる吐き気やめまい、頭痛などの一連の症状です。重度になると、高熱を出して意識障害、けいれん、手足の運動障害などが起こり、さらに悪化すると脳障害や肝機能障害を起こして死に至る危険性もあります。

熱中症で亡くなった人のうち46.9%は住宅で死亡

近年は猛暑日が多く、熱中症の発生率が増加しています。熱中症で亡くなった人のうち46.9%は住宅で死亡しており、特に高齢者は室内での暑さを感じにくくなるため、気がついた時には危険な状態で病院に搬送されることが多いのです。高気密・高断熱住宅だからと油断していると、取り返しのつかない事態に陥ってしまうかもしれません。基本的に高気密・高断熱の家は夏、室温が高い傾向にあるので対策が必要です。

ヒートショックも熱中症も、実際に住み始めてみないと体への影響が分からないことが多い大切な問題です。

高気密・高断熱の快適な家を建てたつもりで住み始めたものの、ハウスメーカーや工務店の家づくりの不備や、説明不足により使い方を誤った時には命を奪うような事故や病気につながってしまうことは、決してあってはなりません。特に換気不足は熱中症の原因になりやすいのです。