世の中の主婦が口をそろえて言うのが「結婚前は優しかったのに」というセリフ。
もっとも、これはお互いさまで、男性は男性で「昔はもっとかわいかったのに……」と嘆いているケースが多いです。
しかし、こんな風に単なる愚痴では済まされないほど豹変してしまう男性も世の中にはいるので、要注意。
今回は、結婚したとたん女性を大切にしなくなる男性を見抜くコツをまとめてみました。

目次

結婚後豹変する男の特徴 店員に対する態度が高飛車

自分にはすごく優しいのに、店員に対する態度が悪い男性には要注意。
「こっちは客なのだから、店員がペコペコするのは当たり前」と考えているので、結婚したとたん「生活費を稼いでいるのは俺」と、妻をバカにしたような態度をとるようになります。
平気で浮気するのもこのタイプ。
「食わせてやっているんだから、俺がなにをしても文句は言えないはず」とばかりにやりたい放題に振る舞い、当然子育てはノータッチ。なにか問題が起きれば「お前の教育の仕方が悪いからだ」とすべての責任を妻に押しつけて逃げようとします。

結婚後豹変する男の特徴 母親の話をよくする

親を大切にするのはいいことですが、やたらと母親の話をしたがる男性はマザコンの可能性大。
もし本物のマザコンだった場合、結婚後に彼があなたの味方をしてくれる確率はゼロに等しいでしょう。同居している姑に妻がいびられていても気づかぬフリで、耐えきれずに妻が文句を言おうものなら母親の肩をもち、怒り出す。ひどい場合は「そんなにオフクロが気に入らないなら、この家から出ていけ!」なんて言われ、子どもまでとられて追い出されてしまうケースもあるのです。
結婚を決める前に、彼の家に遊びに行き、親子のやり取りの様子をじっくり観察しましょう。親離れできていない子どもの親はやはり子離れできていないことが多いので、必要以上にお互いを褒め合うような様子が見られたら、結婚は考え直したほうが無難です。

結婚後豹変する男の特徴 ケンカしても絶対に謝らない

いい大人になって自分の非を認められない男性は、結婚後に起きる悪いことをすべて妻のせいにしようとします。プライドが高く、自分に自信がないので「自分が悪かった」という事実を認めてしまうことに耐えられないのです。
結婚すれば、なにかあったときに夫婦2人だけの問題で済むとはかぎりません。しかしこのタイプの男性は、自分を守るためなら平気で妻を悪者にするので、本当は悪くないのに親戚中から白い目で見られて針のむしろとなることだってあり得ます。
なにかあったとき、自分を犠牲にして妻を守るのが普通の男。大人になりきれないモラハラ男とは別れたほうが無難です。

おわりに

「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔しても、一度結婚してしまえば関係を終わらせることは困難です。子どもがいればなおさら、簡単に別れられなくなります。
結婚後に豹変する男性は、必ずなんらかの危険信号を出しているので、それを見逃さずダメだと思ったらスッパリ別れる勇気を持ちましょう。
(yummy!編集部)