7月18日に放送されるTBS系音楽特番『音楽の日2020』(14:00〜23:18、約9時間生放送)の第2弾出演者が12日、発表された。

『音楽の日2020』第2弾出演者発表

「音楽の力で日本を元気に!」という願いを込めて2011年から始まった『音楽の日』。総合司会は、10年連続となる中居正広と安住紳一郎TBSアナウンサーが務める。今年のテーマは「日本の元気!」。元気や勇気を与えてくれた数々の名曲と共に、アーティストたちの熱いパフォーマンスを送る。

『音楽の日』は、日本全国を結ぶ生中継がみどころのひとつ。今年は福島県からは、TUBEとサンボマスター。沖縄県からはBEGINとflumpool。長崎県からは、森山直太朗と平原綾香が、日本有数の絶景・名所から熱い歌声で日本中に元気を届ける。

また、影山ヒロノブ、桐谷健太、欅坂46、サンプラザ中野くん、ZIGGY、城田優、鈴木雅之、スピッツ、SEKAI NO OWARI、大事MANブラザーズ立川俊之、高橋洋子、谷村新司、DA PUMP、新妻聖子、西川貴教+ASCA、氷川きよし、FIELD OF VIEW、MAX、三浦大知、DOZAN11(三木道三)、LiSA、WANDSの出演が発表された(50音順)。スピッツは4年ぶりの『音楽の日』出演で、話題の最新曲をテレビ初歌唱する。

さらに、番組のテーマ「日本の元気!」にちなんだスペシャル企画として、「日本に元気を与えてきたディズニーカバーリレー」「日本に元気を与えてきた名曲カバーリレー」「日本に元気を与えてきたアニソンリレー」を実施する。

(C)TBS