2020年のフラッグシップiPhone 12(仮)シリーズのうち、ハイエンドのProモデルにはメモリが6GB、エントリーモデルには4GBが搭載されるとの噂が伝えられています。

ちなみにiPhone 12の構成は、エントリーモデルの画面サイズが5.4インチと6.1インチ、高価なProモデルは6.1インチと6.7インチとの予測が定説となっています。

ウワサの発信源は、有名リーカーの@L0vetodream氏です。同氏はiPhone SE(第2世代)やiPad Pro用Magic Keyboardの発売時期を的中させたほか、最近ではWWDC20での正式発表前に「macOS Big Sur」の名前を言い当てていました。

そんな@L0vetodream氏の新たなツイートは「Professional 6GB General 4GB」と述べたものです。

これだけでは意味が不明瞭にも思えますが、同氏はもっぱらアップル製品のみを話題にしている人物。そしてアップルが数ヶ月以内に「Professional」モデルと「General」(一般向けエントリー)モデルを投入する可能性のある製品といえば、iPhone 12シリーズのほかは考えにくいわけです。さかのぼれば今年初め、大手金融機関UBSのアナリストも同様の予測をしていました。

iPhone 11シリーズは3モデルとも搭載メモリ4GBでしたが、iPhone 11 Pro Maxはアプリ起動のスピードテストで搭載メモリ12GBのGalaxy Note 10+に敗北していました。

たとえプロセッサの処理速度は優れていても、複数のアプリをマルチタスクで使う場合、メモリが少なければファイルの再読み込みを頻繁に行うため、操作感覚にも影響を及ぼしかねません。競合他社のハイエンドAndroid端末の搭載メモリが6GBか8GBが一般的になっているなか、アップルもメモリの増量に踏み切る可能性は低くはなさそうです。

Source:@L0vetodream(Twitter)

Via:9to5Mac