2016年から交付が開始されている「マイナンバーカード」、皆さんは持っていますか?「通知カードは来たけど…」「まだ受け取っていない」という人も多いかもしれません。

でも、2020年9月からはマイナンバーカードを持っているとグッとお得な「マイナポイント」事業がスタートします。

「マイナポイント」事業は、消費の活性化を目的に、マイナンバーカードの普及やキャッシュレス決済サービスをさらに促進しようと、総務省が行うもの。マイナンバーカードを取得した上で、マイナポイントの「予約」と「申込み」をしてから選択したキャッシュレス決済サービスで2万円のチャージ又はお買い物をすると「上限5,000円分のポイント」がもらえてしまう、お得な施策です。

では、どのようにすれば利用できるのでしょうか?

まずは、マイナンバーカードを取得しよう!

2015年以降に送られてきた、自分のマイナンバーを知らせる「通知カード」。マイナンバーカードを申請するためには、この通知カードの下に付いている「個人番号カード交付申請書」が必要です。あるかどうか、チェックしましょう。


(マイナンバーPRキャラクター マイナちゃん)
この個人番号カード交付申請書があれば、(1)スマートフォンから、(2)パソコンから、(3)まちなかの証明用写真機から、(4)郵便から、4つの方法で申請が可能です。

もし無い場合でも大丈夫。手書き用の個人番号カード交付申請書と封筒を総務省のWebサイトからダウンロードし、プリントアウトして郵便で申請できます。もしくは、本人確認書類を持って、お住まいの市区町村でQRコード付きの個人番号カード交付申請書を入手して、オンライン申請を行うことができます。

・マイナンバーカードの取得方法/総務省

スマートフォンで申請してみる

ここでは、いちばん簡単に行えるスマートフォンでの申請方法を紹介します。スマートフォンのカメラで、個人番号カード交付申請書のQRコードを読み取ると、申請用のWebサイトにアクセスできます。

「申請書ID(半角数字23ケタ)」は自動で入力されているので、自分で入力するのは、
・氏名
・メールアドレス
の2項目のみ!非常に簡単です。

登録したメールアドレスには、申請者専用WebサイトのURLが送られてきます。こちらにアクセスして、顔写真の登録を行いましょう。あらかじめ撮影しなくても、操作中に撮影することが可能です。

あとは、その他申請に必要な
・生年月日
・電子証明書の発行希望の有無
※マイナポイントの予約・申込には利用者証明用電子証明書が必要です。
・氏名の点字表示希望の有無
を入力するだけ。送信し終われば、登録したメールアドレスに申請完了通知が届きます。

マイナンバーカードをゲットして「マイナポイント」の準備をしよう

申請完了から概ね1カ月後、市区町村からはがきで「交付通知書」が届いたら、マイナンバーカードの出来上がりの合図。指定された書類をもって、通知書に書いてある交付場所に受け取りに行きましょう。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、地域の状況に応じて、適切な時期に受け取りに行くことが推奨されています。詳細はお住まいの市区町村のホームページをご確認ください。

マイナンバーカードを受け取ったら、いよいよ「マイナポイント」を予約できる環境が整いました!スマートフォンに、専用の「マイナポイント」アプリをダウンロードしてみましょう。

「マイナポイント」アプリを起動したら、「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を押し、マイナンバーカード受け取り時に設定した数字4桁のパスワード(暗証番号)を入力します。

その後、マイナンバーカードをスマートフォンで読み取ると「マイキーID」が自動で設定されます。忘れずに保存しておきましょう。これで「マイナポイント」の予約は完了です。




(iPhone端末は上部をマイナンバーカードの中央に、Android端末は中央部をピッタリと当てるのがポイント)

・マイナポイントの予約と申込方法について

2020年7月以降にキャッシュレス決済サービスを選択。ポイントの付与は9月から

予約が完了していると、2020年7月以降に、ポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスを選択できるようになります。選択できるサービスは1人につき1つだけ。よく使うものを選ぶのが良いでしょう。

2020年9月以降のお買い物額・チャージ額の「25%(上限5,000円分)」がICカードやキャッシュレス決済サービスにプレミアム分のポイントが付与されます。例えば、2万円をチャージすれば、5,000円分がポイントとして取得できることに。(※有効期限は決済事業者により異なります)

そのICカードで取得したプレミアム分のポイントは、お買い物などに利用できるようになります。もちろん、QRコード決済の選択もOKです。

・マイナンバーカードでマイナポイント

※2020年7月3日、最新の画像・動画に更新しました。

自分で手続するのはちょっと難しい…という人でも、市区町村や民間のマイナポイント手続スポットでマイナポイントの予約が可能です。

・マイナポイント手続スポット検索/総務省

ポイントの申込時期が近づくと、マイナンバーカードの交付申請が混み合う可能性があります。通常よりも時間がかかるおそれがあるので、早めに申請を済ませておきましょう。

マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性もあるとのことなので、早めに申請・予約しておくのが吉!9月からのお得な機会をお見逃しなく。

※選択できるキャッシュレス決済サービスは1人につき1つなので、
ポイントの合算はできません。

・マイナンバーカードでマイナポイント/総務省
[PR企画:総務省 × ライブドアニュース]