将棋界を題材にした人気ライトノベル「りゅうおうのおしごと!」の作者・白鳥士郎氏が、藤井聡太七段(17)の棋聖戦を2連勝とし、タイトル獲得に王手をかけたことを受け28日、ツイッターを投稿。

 藤井七段の現実離れした強さに驚きあきれたらしく「発売直後は『高校生の年齢でタイトル獲得するなんて将棋バカにしすぎ』とブッ叩かれたラノベ『りゅうおうのおしごと!』、1〜3巻までKindle Unlimitedで読み放題にしておきましたんで、ノンフィクションになる前にどうぞ… このままだと私、叩かれ損なので…」とつぶやいた。

「りゅうおうのおしごと!」は16歳で竜王を獲得した棋士が主人公。アニメ化されるほどの人気を得たが、将棋ファンからは現実離れしている、との声もあったようだ。しかし藤井七段の登場で小説の内容が現実のものとなる日は近い。