【AFP=時事】米国の新型コロナウイルスによる死者数は、過去24時間で740人増えて計11万6854人となり、第1次世界大戦(World War I)における同国の死者数を上回った。米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の16日午後8時30分(日本時間17日午前9時30分)時点の統計で明らかになった。

 米国では過去2日間、1日あたりの死者数は400人を下回っていた。

 感染者数は過去24時間で2万3351人増えて計213万4973人となり、国別では世界で最も被害が大きい。

 米国では4月下旬の時点で、新型コロナウイルスによる死者数がベトナム戦争(Vietnam War)で戦死した米兵の数を上回っている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
コロナ生還の男性に1億2000万円の請求書、米国
【図解】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(17日午前4時時点) 死者43.8万人に
ブラジル、24時間で約3万5000人がコロナ感染 1日あたり最多に