【AFP=時事】中国・北京で新たに発生した新型コロナウイルスの集団感染について、世界保健機関(WHO)は15日、100人以上の感染が公式に確認されたと発表した。

 WHOは、北京市内で新たな死者は確認されていないものの、都市の規模と接続性を考えると今回の集団感染は懸念材料になるとしている。

 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はインターネットを通じた記者会見で「ウイルスの感染抑制に成功した国でも、感染が再び拡大する可能性に注意を払わなければならない」と指摘。

「北京では50日以上にわたり新規感染者が出ていなかったが、中国は先週、同市で新たに発生したクラスター(感染者集団)を報告した。これまでに100人以上の感染が確認されている」と説明し、「集団感染の起源と範囲は調査中」だと述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
北京で屋内スポーツ・娯楽施設閉鎖へ、外出制限も コロナ再流行対策
ロックダウンに悲喜こもごも 観光公害解消を歓迎する住民も
「人種差別のウイルスとも闘う」 ひざまずくNYの医療従事者たち