堕落しきったスーパーヒーローたちを普通の人間たちが成敗する異色作、Amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』のシーズン2に"手りゅう弾"的な強烈なキャラクターが登場するという。そう語るのは、ホームランダーを演じるアンソニー・スターだ。

『The Boys』は、巨大企業ヴォート社に雇われたスーパーヒーロー7人で構成されるスター集団、‟セブン"の一人に恋人を殺されたヒューイが、元FBI捜査官のビリー・ブッチャーとともに自警団‟ザ・ボーイズ"を結成し、落ちぶれたスーパーヒーローたちを成敗していくという痛快作。

セブンのリーダーで、まるでスーパーマンのような能力を持つものの実際はソシオパスであるホームランダーを演じるアンソニーが、米Entertainment Weeklyのインタビューの中でシーズン2に初登場する新たなスーパーヒーロー、ストームフロントについて話している。「彼女はホームランダーとセブンの世界に投げ込まれる‟手りゅう弾"で、数多くの問題を起こしてホームランダーを悩ませるんだ」

アンソニーはまた、ストームフロントがSNSに精通している一方、彼女より上の世代のホームランダーはテクノロジーが苦手で、若者で感覚が違う彼女の存在がチャレンジになるとも付け加えている。

ストームフロントを演じるのは、Netflixの恋愛オムニバスドラマ『easy イージー』で複数話にわたり登場し、米FX系で放送された恋愛コメディドラマ『You're the Worst(原題)』に全5シーズンにわたり主演していたアヤ・キャッシュ。

原作コミックでは男性だったストームフロントを演じるにあたり、アヤは次のようにキャラクターを分析している。「ストームフロントはセブンの中で爆発する核爆弾のようなものね。核爆弾は適切な表現じゃないかもしれないけど、私たちはチェルノブイリにいるようなもの。そう、チェルノブイリなの。彼女はヴォート社を吹き飛ばすために現れて、会社を‟スーパーヒーローを生み出す"というオリジナルのアイディアに戻そうとする。彼女はかなりのフェミニストになり得るし、大きな力を持った女性よ」とコメント。ホームランダーに対抗できるほどの力を持つ彼女は「進んでホームランダーに立ち向かい、二人がもたらすダイナミズムが彼を変えることになるの」とも語っており、シーズン2も目が離せない展開になるようだ。圧倒的な強さでセブンのほかのメンバーを押さえ込んできたホームランダーだが、ストームフロントの登場でその図式が崩れることになるかもしれない。

現時点で『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン2の配信日は未定だが、年内にスタートするようだ。現在はシーズン1がAmazon Prime Videoで配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:

Amazonオリジナルシリーズ『The Boys ザ・ボーイズ』