エースコックを代表する人気カップラーメンといえばわかめラーメンですが、今年4月になんとわかめラーメンから麺を抜いた「わかめラー まさかの麺なし」が発売されて話題となっています。

その名の通り麺が1本も入っていないわかめラーにはその分大量のわかめが入っているのですが、どちらかというとラーメンというよりも具の多いわかめスープ。それなりに食べごたえはありますが、ボリューム的にはとてもわかめラーメンの代わりにはなれません。

そんなわかめラーと一緒にご飯を食べるという手も大いにアリですが、ちょっぴり魔が差して水の代わりにわかめラーを使ってご飯を炊いてみたところ、これが驚くほど絶品美味な炊き込みご飯になってしまったのでご報告です。

わかめラーで炊いたご飯が絶品すぎた!

用意するのはわかめラー1個と米2合のみ。お米を研いだら炊飯器に入れ、水の代わりにお湯を入れたわかめラーを全量投入しましょう!

わかめラー1個分の水分は米2合分弱になるので、お釜の目安の線に合わせて水を追加して調整し、準備ができたらスイッチオン!

炊飯が始まると少しずつ部屋にわかめラーメンの独特の香りが広がり始めます。そして数十分後。炊飯器のフタを開けてみると……!

できたーーー!! 表面を大量のわかめが覆い尽くして真っ黒!! 凄まじいインパクトです。なかなかヤバそうな見た目ですが、これをしゃもじでよく混ぜてみるとどうでしょう。

あらあらあら……実にウマそうじゃないですか……!! ほのかに薄茶色に染まったご飯とわかめの香りが食欲を刺激してきます。これは勝利の予感しかしないぞ……!!

食べてみるとそんな予感は大的中! わかめラーのスープの塩気は影を潜め、わかめの素材とダシの旨味がご飯の芯まで浸透しています。塩味で仕上げるわかめご飯とは完全に別物。びっくりするほどオシャレで、高級感さえ漂ってくるウマさ!!

これが元はインスタント食品だったなんて誰が気づくでしょうか。土鍋あたりに入れたらまるで料亭やいい雰囲気の居酒屋のシメで出てきてもおかしくないレベルです。いやー、ウマい! わかめって本当にいい味が出るんだなと再確認できますね。

もちろんこれならお腹も満腹。むしろ1個のわかめラーでご飯を2合分も炊くことができるのでコスパも抜群。いっそ“わかめ炊き込みご飯の素”として発売してもいけるんじゃないでしょうか。わかめラーを入手できた方はぜひお試しあれ。

(執筆者: ノジーマ)―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』