プラモデル用品だらけのセブン-イレブンがあるという報告がTwitter上で話題になっている。

件のセブン-イレブンは横浜市泉区にあるセブン-イレブン横浜泉新橋町店。今回、Twitterユーザーのuno@03γ小隊さん(@uno_trst_oki)に提供いただいた画像によると、店内の商品棚にはガンダムやマジンガーZ、兵器のプラモデル本体はもちろん、組み立てに必要な工具や塗料までプラモデル用品がずらり。

https://twitter.com/uno_trst_oki/status/1266601763404001280?s=19

「え?まじ??
ここセブンイレブンなんだけど…」

コンビニというと画一化された品揃えの陳列がされているイメージがあるが、同店まったくの正反対。セブン-イレブン横浜泉新橋町店の店内画像に対し、Twitter上では他のセブン-イレブン加盟店も巻き込み大きな反響が起こっている。

https://twitter.com/711hokusyou_e/status/1266694434311122944

「コンビニを隠れ蓑に夢だった(が収益性の関係で始められなかった)模型屋さんを始めてしまった店長にちがいない…です。」

「ヤマザキYショップみたいな自由度の高い経営をセブンイレブンも認めてるということになるのでしょうか・・・?」

「某コンビニ元SVです。
セブンさんは各オーナーが独自で仕入れ、販売できるシステムがあります。(許可は必要ですが…
それによって店ごとの色を出すことが可能です。
それは地元の名産(銘菓や酒など)であったり、趣味であったり様々です。
こんな店舗があるのなら、多少遠くでも行きたくなりますね!」

「夜中にプラモデルが作りたくなった時すぐに駆け込めて便利ですね」

「タミヤの使いやすい工具が揃ってるとか店長絶対素人じゃ無いよねw

「東京調布市にあるセブンイレブン電気通信大学前店(@711dentudaimae)には、マイコンボードや電子部品、キムワイプ(@kimwipes_crecia)などがある棚が」

uno@03γ小隊さんが店員から聞いた話では、同店のオーナーはプラモデルが趣味で、このこだわりぬいた品揃えは顧客からも支持を得ているということだ。これこそ「好きこそ物の上手なれ」の好例ではないだろうか。

※画像提供:uno@03γ小隊さん(@uno_trst_oki)

(執筆者: 中将タカノリ)―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』